タイトル名    メーカー、ブランド名   総プレイ時間  
1/2 summer     ALcotハニカム   15 〜 20 時間  
                                       
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 C (19/30)     B+ (15/20)     B (14/20)     B (21/30)     C+ (69)       B     

総評

上手くまとめられなかった と言うのがゲームクリア後の印象ですね。
 
 1 つ 1 つの要素だけを抜き出して評価するなら及第点は余裕でクリア
 
出来るだけの物だと思いますが、それを上手くまとめ 1 つの作品として
 
良い評価が出来る物にはなっていないです。シナリオの問題点は、後で
 
詳しく書きますが、こう言う結末にしたいなら話の展開や伏線をもっと
 
丁寧に描写して欲しかったですね。グラフィックはそれなりの出来です。
 
音楽、キャラクターに関しても及第点はあります。それでも印象としては
 
凡か並のゲームだと思う人が多そうですね。

あらすじとプレイについて

簡単に書けば 夏休みに祖母が女将をしている旅館を手伝うように母から
 
言われた主人公。バイト代も出るので何となく了承し、妹(非攻略キャラ)と
 
共に旅館へ向かう。東北の山奥にあるその旅館。着いてみると駅周辺の
 
開発が進み大きな学園が出来ていた。その学園の寮の工事により、寮の
 
利用者も旅館で面倒を見る事になっていた。更にこの旅館にはイタズラ
 
好きの座敷童子も住み着いており。様々な思惑や自由奔放な人達に悪戦
 
苦闘する主人公の夏休みが始まる(一部マニュアルより抜粋)
 

総プレイ時間は 15 〜 20 時間ぐらいです。共通ルートは 2 時間前後で
 
個別ルートは 1 時間半前後です。ただし、共通ルートの選択肢で選んだ
 
ヒロインとのイベントを個別ルートと考えるなら、共通ルートは 30 分前後
 
少なくなり、その分が個別ルートに上乗せされると考えて下さい。そして
 
全ての個別ルートクリア後に、伏線回収を兼ねたイベントが始まります。
 
こちらは 1 時間前後ぐらいですね。攻略順についてですが、叶の個別
 
ルートは後に回して下さい。出来れば一番最後がベストですね。理由は
 
他の個別ルートに叶の設定がマイナスの影響を与えかねないからです。
 
また、この辺りの事情の説明も、伏線回収を兼ねたイベントまでほとんど
 
されませんので。それらを考えると 汐→澄空→つぐみ→叶 が、私の
 
オススメの攻略順です。まあ、どんな順番でも話の核心の ネタバレ
 
ほとんど無いので、どうしてもこの攻略順にする必要はありませんが。
 
あくまで、叶の設定の影響を重視した場合の攻略順ですので

シナリオ

共通ルートでは 各ヒロインとの交流を深め、旅館に住み着く座敷童子に
 
翻弄され様々な謎にぶつかりながらも夏休みを楽しむ様子を中心に描写
 
しています。個別ルートでは 各ヒロイン達の悩みや境遇にふれながら
 
突き進んでいく主人公ヒロインを中心に描写しています。全個別ルート
 
終了時に始まる伏線回収を兼ねたイベントでは、座敷童子の思惑や謎に
 
加えて、これまでの伏線回収を中心に描写しています。
 

設定や話の題材に展開と構成。1 つ 1 つの要素だけを切り取って考えると
 
良作 と呼べるだけのポテンシャルは十二分にあったはずです。例えば
 
共通ルートと個別ルートそれぞれで伏線を張り、全個別ルート終了時に
 
始まる伏線回収を兼ねたイベントで伏線を回収する。これがもっと 丁寧に
 
出来ていればもう一段上の評価をしていましたし、各ヒロイン達の設定や
 
境遇をもっと個別ルートで掘り下げて描写していれば、更に面白くなって
 
いたと思います。叶の個別ルートでは割とその辺りを掘り下げて描写して
 
いた事もあり中々良かったと思います。まあ、あの内容と展開とオチは
 
人によっての好き嫌いは激しそうですが。逆に、澄空の個別ルートでは
 
各ヒロイン達の設定や境遇の掘り下げて描写する事をあまりせず、澄空を
 
可愛く魅力的に描写する事に力を入れていたと思います。これはこれで
 
アリだとは思いますが、それなら最初から各ヒロイン達の設定や境遇を
 
ややこしくせずに、シリアス抜きで、里帰りした夏の田舎で美少女達と
 
イチャイチャ戯れる。みたいなシナリオにしちゃった方が良かった気が
 
しますね。結論としては、総評でも書いた 上手くまとめられなかった
 
これが一番の問題ですね。せっかく全個別ルート終了時に始まる伏線
 
回収を兼ねたイベントを用意しても 上手くまとめられなければ 意味が
 
ないですから。最後に擁護としてシナリオの評価としては、やや厳しめ
 
ですけど、話として破綻しているとか、ほとんど伏線をなげっぱなしに
 
しているとかそう言った事はないですよ。

グラフィック

これに関しては、それなりの出来でしたね。ヒロイン達を可愛く描写して
 
いると思います。立ち絵、背景も余裕で及第点は超えていると思います。
 
個人的には髪をほどいた叶は、可愛かったと思いますね。お気に入りの
 
一枚絵は、これまた叶の個別ルートラストでの制服で主人公の右腕に
 
抱き着いている一枚絵ですね。何でもない一枚絵ですけど、ここに至る
 
までの事を考えるとやっぱりこみ上げてくる物があります。

音楽

全体的には悪くないと思います。エンディングの アンセム も良い曲ですが
 
やっぱりオープニングの 木漏れ日フレネル の方が上ですね。テンポの
 
良いメロディーと出だしの歌詞はゲームクリア後に聞くと、また違う印象を
 
感じると思います。BGMに関しては穏やかなメロディーの物が多いと
 
思います。おひるね は特にそんな感じです。後はそこまで印象に残って
 
いる物はないですね。もう 1 つぐらい印象に残る物があればもう一段上の
 
評価にしていたんですが。

キャラクター

一番好きなヒロインは、澄空と叶の一騎打ちに叶がギリギリで勝ったと
 
言った感じですかね。ただ叶の魅力は CV桐谷華 の影響が大きく関係
 
していますので、それを考えなければ澄空の方が上にいきますね。叶は
 
下手をすればウザいだけの、めんどくさいキャラクターになってしまい
 
かねない所を CV桐谷華 が上手に演技をする事によってウザ可愛い
 
ぐらいになっています。まあ、彼女がそうなった原因はあるのですが
 
その辺りの事情は ネタバレ になるので詳しくはここでは書けません。
 
澄空に関しては最初のツンとした態度から徐々にデレていくと言う王道な
 
感じが良いですね。個別ルートに入った後の素直に甘えてくる澄空は
 
本当に可愛かったです。サブキャラクターに関しては従兄妹の柚子や
 
妹の一葉。そして座敷童子のクロハなど魅力的なキャラクターが多い
 
です。特に、クロハはシナリオでも大きな役割をはたしています。共通
 
ルートや各個別ルートでの立ち回りや手助け。彼女の目的は一番最後の
 
伏線回収を兼ねたイベントで明かされますが、彼女の思いや気持ちも
 
同時に分かった時はクロハの事がより好きになりましたね。後は、妹の
 
一葉も良いキャラクターでした。少々、行き過ぎたブラコン気味の所は
 
ありますが、基本的には素直で優しく家事万能の良く出来た妹なので
 
可愛いと思います。最後に主人公についてですが、勉強はかなり出来る
 
方で、運動神経も悪くなく、物覚えも良いんですけど、割と意志が弱く
 
流されやすい性格ですね。また、フラフラとどこかへ行ったりして周りを
 
心配させたりもしています。あんまり好感を持てるタイプの主人公では
 
ないと私は思います。一応、主人公がそんな性格なのは理由があったり
 
しますけど、それで納得できるかは人それぞれだと思います。

Hシーン

回想シーンに、汐が 7 つ、つぐみが 8 つ、澄空が 6 つ、叶が 6 つ、プラス
 
おまけが 1 つ収録されています。回数こそ多めですが本番がなかったり
 
パイズリやフェラだけだったりしています。また、本番があるシーンに
 
ついても分量や濃さはそこまで無いので、Hシーンの満足度と言う点でも
 
そこまで高い評価は出来ないですね。

最後に一言

ポテンシャルは高かったんですけどね。それを活かせなかった。


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。




Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.