タイトル名   メーカー、ブランド名    総プレイ時間  
ウィザーズコンプレックス    ういんどみるOasis    20 時間前後  
                                       
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 B (21/30)     A (16/20)     B+ (15/20)     C+ (20/30)     B(72)       B   

総評

ポテンシャルを十分に活かしきれなかった。と言った印象をクリア後に思いました。
 
タイトルに合ったシナリオ、可愛いヒロイン、良い音楽、ここまではトータルで及第点
 
ぐらいです。グラフィックに関しても素晴らしい出来ですし、ずば抜けている訳では
 
無いですが長所として推せるぐらいのレベルだとは思います。私としてはシナリオか
 
キャラクターかどちらに絞って力を入れるべきだったと思います。タイトルの意味や
 
世界観に設定などは決して悪くないのにそれをシナリオに十分に活かせなかったですし
 
キャラクターにしても悪意や憎悪をもう少し、不快感 を見せない形で描写出来れば
 
もっとキャラクターを好きになれると思います。欠点もそれなりに多くありますが元の
 
ポテンシャルが良いだけに欠点を修正出来れば十分良作と呼べる物になれる可能性が
 
あっただけに、もったいないですね。

あらすじとプレイについて

簡単に言えば 魔力を宿した女性が魔女と呼ばれる世界で、世界で始めて魔力を宿した
 
男性(主人公)の存在が確認された事により、魔女たちを育成する学園に入学させられた
 
主人公。その学園は日本国内の生徒が通う東塔と海外の留学生が通う西塔に分けられ
 
生徒会も 2 つ存在する学園で東塔の生徒会役員として伝統行事である魔法生徒会体戦に
 
参加させられる事になりその中で、魔法を使う者たちの悩み(コンプレックス)を知り
 
それを解決するために奔走して行く(一部公式ホームページより抜粋)と言った所です。
 

総プレイ時間は 20 時間前後で共通ルートは 2 時間半〜 3 時間で個別ルートについては
 
2 時間半前後でアイリスの個別ルートのみ 30 分〜 1 時間ぐらい長めです。アイリス
 
ほのか、一葉、鳴 の内、誰か 1 人をクリアするとサブヒロインのアナザーストーリーが
 
全て解放されます。メインヒロインのアナザーストーリーはクリアしたメインヒロインの
 
アナザーストーリー解放される形ですね。アナザーストーリーの方はプレイ時間は 15 分
 
ぐらいですね。サブヒロインのアナザーストーリーはこれより若干長いです。攻略順に
 
ついてはアイリスかほのかを最後にした方がキレイにまとまると思います。私としては
 
鳴→一葉→アイリス→ほのか の順をオススメとしていきますがあえて言えば、と言う
 
ぐらいなんでそこまで攻略順については気にしなくてもいいと思います。サブヒロインの
 
アナザーストーリーの方は解放されたらお好きなタイミングでどうぞ。メインヒロインの
 
アナザーストーリーの方は解放されたらプレイすると言う形でいいと思います。

シナリオ

共通ルートでは、世界観や学園の説明とメインである魔法生徒会体戦の全体的な内容や
 
流れを中心に描写しています。個別ルートでは、他の人と違う事や魔法を使う者としての
 
悩み(コンプレックス)などを主人公とヒロインが様々な人と一緒に乗り越えて行く。
 
と言った流れです。
 

シナリオ上、東棟と西塔を対立させるのは別にいいと思いますし、やっぱり魔法で派手に
 
ドンパチやるってのはまあ私も好きですよ。ただ、それぞれ東塔と西塔の代表なんですから
 
能力面だけで無く魅力も溢れる人物たちにして欲しかったですね。単純に東塔の代表は
 
性格の良い子で西塔の代表は性格の悪い子みたいな感じにして、対立させるのではなくて
 
西塔の代表にもこんなに魅力的な部分が有ると思わせられる内容にして欲しかったです。
 
もっと単純に言えば サブとは言えヒロインに嫌悪感を持たせる様なシナリオにしてどうする
 
と言う事です。やっぱり魔法生徒会体戦なんて物をやるんですから勝敗があるのは容易に
 
想像出来ますし、それに対しての感情があるのは当たり前です。プラスの感情だけで無く
 
悪意や憎悪の様なマイナスの感情も当然ありますし、そう言った物も描写されて当然です。
 
しかし、それを限度を超えて 不快感 を感じてしまう程に描写すれはこの作品のテーマや
 
コンセプトに合わないと思います。その辺りを上手に描写出来なかった事が残念ですね。

グラフィック

ここは流石と言った所ですね。魔法の演出やSD絵の可愛さなども含めてグラフィックに
 
関しては素晴らしい出来ですね。あえて言えば、サブヒロインの一枚絵があと数枚は
 
欲しかったです。一枚絵の中では月明りに照らされるアイリスの一枚絵が似合うと言うか
 
絵になると言うか (一枚絵になっていますけどね) まさしくアイリスを良く現している
 
一枚絵で私は好きです。

音楽

私の個人的な感覚で言うなら静と動にそれぞれ曲が分かれていて、それぞれが魅力的な
 
曲だと思います。静の曲なら 優しさに包まれて 動の曲なら 魔法生徒会対戦 が
 
それぞれ好きな曲ですね。またオープニングの ウィザーズコンプレックス も明るい
 
アップテンポの曲でゲームにも良く合っていたと思います。こちらは個人的には動の方の
 
曲だと思いますが piano ver や Music Box ver の方だと一変して静の曲になる所も
 
良いですね。

キャラクター

メインヒロインの中ならほのかとアイリスが私の一番好きなヒロインのツートップですね。
 
こう言う言い方は良くないのかも知れないですが、ほのかが表ならアイリスは裏と言った
 
印象ですね。ほのかの明るさやおおらかな性格で自然にみんなを引っ張っていく 太陽
 
様な存在だとすれば、アイリスは激しい主張はせずに影でひっそりとみんなを照らしている
 
の様な存在ですね。もしとちらか 1 人を選ぶとすれば僅差でほのかの方が好き
 
ですね。真っ直ぐなお嬢様でありながらとても優しく、ちょっと天然が入ってる夢見がちな
 
少女ですけどそこもまた、ほのかの魅力的な所です。正直、メインヒロインには
 
そこまで大きな不満は無いですけどそれ以外のキャラクターには不満がありますね。
 
一番の問題は 自己主張が強すぎる と言う所ですね。別に自己主張をするな!と言う
 
つもりは無いですよ。ただ 周りの人達の事を一切考えずに自分の主張ばかり通す
 
人を好きにはなれないですね。そんな人物がこのゲームには多いので、キャラクターの
 
魅力と言う点においては少々低めの評価にはやっぱりなってしまいますね。

Hシーン

回想シーンはメインヒロインが各 5 つずつでサブヒロインがそれぞれ 1 つずつです。
 
また、Hシーンは本編中に各メインヒロインが 3 つずつのみでそれ以外のHシーンは
 
全てアナザーストーリーの方で見られる形になっています。プレイについてはそこまで
 
変わった物はなくパイズリやフェラぐらいですね。あえて言えば私はあまり興味は無い
 
ですけどアイリスの看護師プレイはその手のジャンルが好きな人には嬉しいプレイだと
 
思いましたね。

最後に一言

学園長は美人でしたね (どうせならサブでもいいから攻略させて)


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。

 


Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.