タイトル名   メーカー、ブランド名   総プレイ時間   
てのひらを、たいように       Clear   35 時間前後  
                                   
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 B+ (23/30)     C (12/20)     B+ (15/20)     A+ (26/30)     B+ (76)       B+   

総評

このゲームは大きく分けると、てのひらを編とたいように編の 2 つに分かれて
 
います。てのひらを編がメインでたいように編は別の視点から、てのひらを編を
 
見ると言う認識でいいと思います。また、それぞれ主人公とヒロインも違います。
 
両方での共通した問題として 個別ルートの中身が薄い (特にてのひらを編)と
 
言う問題があります。ただ、てのひらを編は 軸となる共通ルートとヒロインの
 
1 人である永久のルート
に関しては 友情 をテーマにした素晴らしい出来だと
 
思います。また、全編を通して 恋愛描写が薄い 点が私は気になりましたね。
 
そのため 恋愛描写 を求めてこのゲームをプレイするのはオススメできませんね。
 
このゲームの魅力はあくまで 友情 をテーマにした話なんで。

あらすじとプレイについて

簡単に書くと てのひらを編は、主人公がとある 1 人の転校生と出会う事で
 
かつての親友たちと再び友情を育む話で、たいように編は、もう 1 人の主人公が
 
とあるきっかけで、里の伝承を調べている内にとある真実にたどり着く…と
 
言った感じですかね。
 

総プレイ時間は、てのひらを編は 30 時間前後で、たいように編は 6 時間前後
 
ぐらいです。ただし、てのひらを編は、個別ルートに入っても 1 つのルートを
 
除いて 6 割以上が同じ内容が続くので、既読部分を飛ばせば、てのひらを編は
 
20 時間前後ぐらいで終わると思います。共通ルートはてのひらを編は 3 時間
 
前後で、たいように編は 2 時間前後ぐらいです。個別ルートは、てのひらを編は
 
永久には 2 つ個別ルートがあり、永久、穂、美花の 3 人が、ある程度同じ展開で
 
2 時間半前後進み、その後、穂と美花は約 1 時間ほどそれぞれの個別ルートに
 
入ります。永久は、穂と美花とほぼ同じ展開で進むルート(ノーマルルートとでも
 
言うべきもの)と、それよりも 1 時間半前後長いルート(トゥルールートとでも
 
言うべきもの)の 2 つがあります。たいように編の個別ルートはおよそ 1 時間
 
前後ぐらいですかね。攻略順は、てのひらを編はルートロックが掛かっていて
 
 永久(ノーマルルート)→美花→穂→永久(トゥルールート)ほぼ一択ですね。
 
(一応、美花と穂の順番についてのみ変えることは出来ます)たいように編は
 
特にルートロックは掛かっていないです。攻略順は 凛→更紗 の順が良いと
 
思います。その順番の方がより楽しめると思いますので。

シナリオ

おおざっぱにまとめると 共通ルートは、てのひらを編は友情を取り戻す話で
 
個別ルートでは、友情を守るために行動しながら里の伝承の真実を知る話です。
 
たいように編は、共通ルートでは里の伝承を仲間と調べる話で、個別ルートでは
 
てのひらを編とは違う形で里の伝承の真実を知る話です。
 

てのひらを編は最初こそ胸糞悪い展開が続きますが、徐々にかつての仲間たちが
 
増えていき、主人公、永久、美花、穂の 4 人の 友情をテーマにした 内容で話が
 
進んでいきます。そして永久のトゥルールートでは、永久との友情を守るために
 
行動を起こす主人公、美花、穂の 3 人は本当にすごかったと思います。ただ
 
永久のトゥルールート以外の個別ルートの中身が薄いのが大きな欠点ですね。
 
この辺りをカバー出来ていれば、もっと良い評価をしていたと思います。次に
 
たいように編は本来なら、てのひらを編で理解しづらい所や、いくつか残った
 
謎などをカバー出来ていれば良かったと思うんですが、それが中途半端にしか
 
出来ていなかった所は残念ですね。ただ、てのひらを編よりは個別ルートの
 
中身はあったと思います。(少なくとも恋愛描写については)シナリオの評価は
 
トータルで一応、 B+ としていますが、もし永久のトゥルールート以外の
 
個別ルートや恋愛描写を重視する場合は シナリオ の評価は下がりますね。

グラフィック

流石に古さは否めませんね。ただ、ヒロインの 1 人でもある永久などは、結構
 
可愛いく描けていると思います。ただ、全体的にヒロインの幼い絵(もっと端的に
 
言えば、ロリっぽい絵)がかなり多いですね。ロリコンじゃない(と思ってる)私は
 
どちらかと言えば、穂や更紗の一枚絵の方が可愛いく感じました。私は、穂が
 
髪を下している一枚絵は好きですね。お気に入りの一枚絵の 1 つです。

音楽

オープニングの てのひらをたいように は、歌詞がこのゲームに良く合って
 
いて私は結構好きです。全体的に穏やかな落ち着いた雰囲気の曲が多いですが
 
だからこそ 襲撃 の曲が流れたシーンはなんかは緊張感が曲からも伝わって
 
きて印象に残っていますね。

キャラクター

全編通して一番好きなヒロインと言われると、永久と答えますが、それは 仲間や
 
親友
としてであって 異性として 好きなヒロインと言われると、てのひらを編は
 
誰もいないような気がしますね。たいように編は更紗が一番好きですね。彼女の
 
個別ルートの最後を見ると良い恋人なっていたと思います。サブキャラクターは
 
胸糞悪いキャラがいましたけど、そんなキャラクターがいるからこそ 周りの人の
 
暖かさや友情の良さ
がより一層引き立っていたと思います。そう言う意味では
 
必要なキャラだったと言えなくはないですね。主人公については、てのひらを編と
 
たいように編共に最初は冷たく無気力で無関心な少年でしたけど、話が進むに
 
つれて少しずつ仲間のために熱くなっていく姿はかっこ良かったです。

Hシーン

回想シーンに永久、美花、穂が 1 回で凛と更紗は 2 回登録されていますが
 
実質的には全ヒロイン 1 回と思った方がいいです。しかしHシーンを見ると
 
本当に、更紗以外は中○生。下手したら小○生ぐらいにしか見えませんね。
 
Hシーンに関してはかなり薄く、これ以上特に書く事も無いので以上です。
 

最後に一言

学生時代の友達って大切だよね。大人になればそれがよく分かる。


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。

 


Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.