タイトル名    メーカー、ブランド名    総プレイ時間  
さくらシュトラッセ        ぱれっと    20 〜 25 時間  
                                       
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 A (24/30)     A (16/20)     A (16/20)     B (22/30)     B+ (78)       C+   

総評

このゲームについては 悔しい と言う言葉が一番最初に出てきますね。
 
シナリオ、グラフィック、音楽。そして 主人公 を除いたキャラクター達。
 
これら全てが優れていて、文句なく 良作 と呼べるゲームだと思います。
 
私の個人的感情を無視すれば。私は 主人公 合わなかった ために
 
このゲームは好きではないですがプレイすれば、やっぱり良いゲーム
 
だと、認めざるを得ないですからね。それが本当に 悔しい です。まあ
 
主人公さえ我慢出来れば、2chネタやパロネタがそこそこ多い事と、若干
 
ヒロイン達がめんどくさい事が気になったぐらいで、大きな問題は無いと
 
思います。

あらすじとプレイについて

簡単に書くと 様々な理由で一年前から親元を離れ、遠くの町で料理に
 
関わる仕事をしながら一人暮らしをしていた主人公。しかし、母親が倒れた
 
との知らせを受けて故郷へ帰省する。そして亡き父が経営していた小さな
 
レストランを倒れた母親の代わりに再開する事を決意する。しかし、未熟な
 
主人公の腕では、母親の代わりになれない事を自覚する。そこへ現れた
 
女の子。しかし彼女にはとある秘密があって…と言う感じですかね。
 

総プレイ時間は 20 〜 25 時間ぐらいです。共通ルートは 2 時間半前後で
 
個別ルートは 2 時間ぐらいです。ただ共通ルートの時点で各ヒロイン達を
 
選択してイベントを見ると言う形を取っているので、実際は、共通ルートと
 
言える部分の時間は 1 時間前後ぐらいになりますね。それから、もう 1 つ
 
特殊なENDがあります。こちらは、せいぜい 5 〜 10 分ぐらいなんで、とても
 
個別ルートとは呼べないですが。攻略順については、特に自由で良いですが
 
マリーの個別ルートが一番キレイにまとまっていたと感じましたので、私は
 
 ルゥリィ→優佳→かりん→マリー の順番がオススメと言う形に一応して
 
おきます。それから、特殊なENDについてはお好きなタイミングでどうぞ。

シナリオ

共通ルートは 主人公とヒロイン達がレストランを何とか立て直そうと
 
する描写を多少のシリアスとコメディに加えて各ヒロイン達の心情などを
 
交えながら描いています。個別ルートでは、各ヒロイン達の個人的な
 
悩みや問題を描写しながら進んでいきます。
 

個別ルートによっては多少のシリアスもあったりもしますが、基本的には
 
心優しい人たちに囲まれながら、ゆったりとした世界観の中で話が進んで
 
行きます。ヒロインが魔女なので、魔法を使ったりするシーンがいくつか
 
出てきますが、魔法でドンパチやると言うよりも便利な道具程度に考えて
 
いた方が良いと思います。その魔法まで含めて料理と言う要素も上手に
 
活かしていたのが、マリーの個別ルートですね。この個別ルートに関しては
 
サブキャラクターのクリスやクラウディアまで含めて、キャラクター達の
 
見せ方や使い方も上手だと思います。それ以外の個別ルートに関しても
 
ヒロイン達の悩みや心情を上手く描写しながらも、少しずつ主人公との
 
距離を縮めて恋人関係になったり、恋人になった後の問題の解決への
 
流れについても良かったと思います。ただ、そこに魔法を絡めていたのは
 
良いんですが、主人公の得意とする料理についての描写が、やや不足
 
していたと感じました。マリーの個別ルートで見せたぐらいのレベルの
 
描写が他の個別ルートでも出来ていれば、主人公の成長やカッコ良さを
 
もう少し引き出して、シナリオの評価で、もう一段上の評価が出来ていた
 
と思います。それでも私は主人公がプロローグの段階で 合わなかった
 
ので個人的評価は変わらないと思いますが。

グラフィック

良い出来だと思います。クオリティーもかなり高いですし、各ヒロイン達の
 
一枚絵も可愛いと思います。それだけでなく、魔法の演出も数はそれほど
 
多くは無いですが良かったと思います。私は、主人公がルゥリィの髪の毛を
 
ブラシで手入れしている一枚絵が好きですね。特にルゥリィの表情はかなり
 
可愛かったですね。でもやっぱり一番のお気に入りの一枚絵は泣きながら
 
笑っている、かりんの一枚絵です。ここは、かりんの心情や思いを一枚絵で
 
良く表現出来ていたと思います。

音楽

音楽も良い出来でしたね。オープニングの 秘密レシピ も良い曲でしたけど
 
エンディングの Little Riddle は個別ルートからの入り方が上手かったと
 
思います。それ以外にも Rat-a-tat や 咲き乱れるは春 なども良い曲
 
でしたね。前者は、マリーの個別ルートの終盤で流れた時の印象が強く残って
 
います。後者については、かりんの個別ルートで良い場面で流れた場面が
 
印象に残っていますね。

キャラクター

今回は、主人公について先に書きます。いや、まあ、ぶっちゃけここまで
 
合わなかった 主人公はいないです。私は序盤のマリーとのやり取りでもう
 
やる気を無くして数か月間プレイを放置していましたからね。主人公が
 
合わなかった と言う理由でプレイをここまで放置したのは初めてですね。
 
そもそも、こんなに 女々しくて面倒くさくて子供でバカで頑固で心が狭い
 
主人公に好意を持つ人がいるんですかね?まあ一応フォローしておくと
 
マリーや優佳の個別ルートでは、それなりに男らしく活躍したりもして
 
いましたので、私ほど主人公が 合わない と言う事は無いと思いますが。
 
まだまだ主人公については言いたい事がありますが、これ以上彼について
 
書くのは、スペースがもったいないのでこれぐらいにしておきます。次に
 
ヒロインについてですが、みんな可愛いですね。私的にはマリーの面倒な
 
所も含めて好きですが、一番好きなのはルゥリィかな。クールで気まぐれ。
 
自由に日々を過ごしている様に見えますし、実際そう言う所もありますけど
 
本当は優しくてヤキモチ焼きと言う ギャップ は良いですね。性格的には
 
猫に近いと思いますが、犬っぽい所もあります。そこも魅力の 1 つですね。
 
もちろん、かりんの子供の様な純真な所も好きですし、優佳の素直になれず
 
つい攻撃的になってしまうけど、主人公の事を大切に思っている所も好き
 
ですね。サブキャラクターについては、悪の総帥に憧れるクラウディアや
 
どう見ても女の子にしか見えないクリス。お店の常連で普段はいい加減でも
 
言うべき時にはしっかりと意見を言ってくれる早希さんなど魅力的な人が
 
沢山います。クラウディアとクリスはマリーの個別ルートで、早希さんは
 
優佳の個別ルートでそれぞれ重要や役割を果たしているのでそこにも注目
 
して欲しいですね。しかし、そんなサブキャラクター達を抑えて主人公の
 
母親の美咲さんが、サブキャラクター達の中では一番好きなんですよね。
 
出番こそ少ないですが、主人公に与えた影響の大きさは、あの特殊ENDを
 
見てもらえば分かると思います。いっそのことちゃんとした個別ルートが
 
欲しかったですね。色々とややこしい事になりそうですけど。

Hシーン

回想シーンに、各ヒロイン 3 回登録されますが、1 つのシーンで 2 回戦を
 
やったりしているので、そこまでボリューム不足を感じる事はないと思います。
 
プレイついては、パイズリにフェラなどがあります。個人的には、かりんの
 
3 つ目のHシーンは普段と違う ギャップ でかりんが、まるで魔性の女の
 
様に感じましたね。そして主人公の心の声。でも実際、主人公の考えている
 
事が事実だったら多くの人間が発狂するでしょうね。

最後に一言

過去作ネタをしこんだり細かい所もこだわってる。それでも私は主人公が
 
合わないので、このゲームは好きになれないや。


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。




Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.