タイトル名    メーカー、ブランド名    総プレイ時間  
しゅがてん! -sugarfull tempering-       Recette    10 〜 15 時間  
                                       
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 B (22/30)     A+ (17/20)     B (14/20)     A (24/30)     B+ (77)       B+   

総評

あまり派手さはないですが堅実に手堅くまとまっていたと思います。最大の
 
魅力は、恵まれたグラフィックを活かして幻想的な雪景色を上手に描いて
 
ゲームの 世界観 を表現している所ですね。グラフィックに関しては本当に
 
素晴らしい出来だったと思います。シナリオに関しては、恋愛描写を中心に
 
主人公がヒロイン達を好きになっていく過程の描写が雑な所もありましたが
 
それ以外は割と上手にまとめていましたね。音楽については若干印象が
 
薄いですが世界観には合っていたと思いますし、キャラクターについては
 
十分にヒロイン達を可愛く描写できていましたね。個人的にはまったりと
 
した雰囲気がゲーム全体から伝わってきて幸せな気持ちになれました。
 
総合的に見ても十分良作クラスの出来だと言えると思います。

あらすじとプレイについて

ざっくりと書くと 妖精が住むと言われ不思議な伝承が残る町にある小さな
 
洋菓子店。ちょうどその日は町に伝わる伝承「妖精の夜」の日でした。この
 
「妖精の夜」は町に小さな奇跡が起きると言われています。とある事情でその
 
洋菓子店は現在休業中で「妖精の夜」の日にお店を救って欲しいと店員達は
 
妖精にお願いをしていました。そんな店員達と主人公が出会った時。小さな
 
奇跡と呼べる物語が始まっていくのでした。 と言う感じですかね。
 

総プレイ時間は 10 〜 15 時間ぐらいです。共通ルートは 2 時間前後で個別
 
ルートは 1 時間半前後ですが、氷織の個別ルートは追加で 1 時間前後ぐらい
 
かかると思った方がいいです。また全個別ルート終了後にちょっとしたオマケが
 
出現します。こちらは約 5 分程度で終わる短いものですが。攻略順については
 
 める→ショコラ→氷織 の順番をオススメします。まあ、めるとショコラは順番を
 
逆にしてもいいですが。後、この順番も絶対とまでは言いません。ただ氷織を
 
最後に持ってくる事で色々と想像ながらプレイした方が面白いと思ったので
 
この順番をオススメとしているだけですので。

シナリオ

共通ルートは 主人公が洋菓子店にやってきてヒロイン達と一緒にお店を
 
立て直す所を中心に描写しています。個別ルートでは 各ヒロイン達の
 
心に秘めた問題や町の伝承や妖精についての謎に迫ったりします。
 

基本的には、まったりとした雰囲気の中で話は進んでいきます。その独特な
 
世界観は本当に妖精がいるかもしれないと思わせてくれますね。良く言えば
 
神秘的。悪く言えば非現実的と言う事です。例えば共通ルートの洋菓子店の
 
立て直しのシーンなんて流石に無理があるような気がします。その後の個別
 
ルートでのお店の経営だって非現実的だと思います。ただ、ここに文句を言う
 
人は同時にこのゲームに向いていないと思います。このゲームはあくまでも
 
雰囲気や世界観を楽しむ様に作られていると思います。それはシナリオでも
 
一緒です。せっかくの雰囲気や世界観をぶち壊す様な無粋な考えはやめて
 
まったりのんびりとプレイした方がいいと思います。後、少し気になったのは
 
主人公がヒロインを好きになる過程ですね。この辺りの描写の乏しさも
 
あって主人公の心情を理解しにくい所がありました。これは欠点と言えると
 
思います。何だか欠点の方ばかり書いてしまいましたが、妖精の夜や町の
 
伝承。更にヒロインの心情など色々と描写しながらも各ヒロイン達の個別
 
ルートや最後のおまけで上手くまとめていましたね。特に最後のおまけで
 
明かされる事実。後からもう一度読みなおすと色々と伏線はあったのに
 
最後まで私は分からなかったですね。この辺りは上手に作られていたと
 
私は思います。

グラフィック

ミドルプライスと言う事もあり一枚絵の枚数は 50 枚以下で結構少なめ
 
ですが、クオリティーは 素晴らしい の一言。特にゲーム本編で一番最初に
 
見る事になる、めると氷織がダイアモンドダストを見ている一枚絵はとても
 
幻想的でこのゲームの世界観に引き込まれましたね。私のお気に入りの
 
一枚絵の 1 つです。またそれ以外の一枚絵もヒロイン達の 可愛さ や魅力を
 
上手く引き出しています。一枚絵の枚数の少なささえなければの評価を
 
していたでしょうね。それぐらいゲームの世界観に合っていたと思います。

音楽

曲のタイトルの多くが洋菓子や果物の名前を使っていて、こんな所にまで
 
こだわっているんだと思いました。音楽の出来は決して悪くはないんですが
 
ゲームの世界観に合わせた曲が多く、これだ! と言う曲がないのが残念な
 
所ですね。オープニング曲とエンディング曲以外だと一番印象に残ったのは
 
 星空の下でババロアと ですかね。神秘的な雰囲気を出すのに一役買って
 
いたと思います。オープニング曲の Candy a Mine やエンディング曲の
 
 てんぱりん も緩やかで穏やかな感じでゲームの雰囲気に良く合っていたと
 
思います。

キャラクター

3 人のヒロイン達はみんな魅力的でしたね。各ヒロイン達のギャップが
 
私の好みなんで、それぞれ魅力的に映りましたね。その中で一番好きな
 
ヒロインと言われると、やっぱり氷織ですかね。ある意味 王道 の一見
 
クールで大人な印象の彼女が恋をしたらどう変わるか?と言うのをよく
 
描写出来ていたと思います。まあちょっと強引に恋人関係へのステップを
 
進めた感じは否めないですが。サブキャラクター達については、めるや
 
氷織の姉の様な存在の小町を始めとして良い人が大勢いてヒロイン達や
 
主人公を優しく見守ってくれています。主人公については、様々な謎が
 
ありますが、それ以前にあまりに冷静すぎる上に感情の起伏に乏しい所が
 
あって感情移入しにくいです。ただキチンとヒロインの事を考えて行動
 
していますし嫌悪感を抱く事はないと思いますが。

Hシーン

回想シーンに、めると氷織が 4 回でショコラが 3 回登録されますが、実質
 
各ヒロイン全 3 回ぐらいに考えておいた方がいいと思います。プレイに
 
ついてはパイズリとアナルぐらいでそこまで変わったプレイはないんですが
 
1 つだけ金髪少女に首輪を付けて放○を強要させると言う文字だけ見れば
 
どこの凌辱シーンだと言うものがありますが、凌辱ではないのでそこは
 
安心してもらっていいです。

最後に一言

あまり幻想に包まれると現実に戻ってきた時のダメージが…


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。




Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.