タイトル名   メーカー、ブランド名   総プレイ時間   
     スズノネセブン!
  -Sweet Lovers’ Concerto-  
   Clochette   6 〜 10 時間  
                                   
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 B (21/30)     B (14/20)     B+ (15/20)     A+ (26/30)     B+ (76)       A   

初めに

本作は スズノネセブン ! の一応ファンディスクに当たる作品です。その関係で
 
本編である スズノネセブン ! の ネタバレ はいくつか書きますし、本編である
 
スズノネセブン ! との対比で書いている部分もあります。その点についての
 
ご理解をいただいた上で、納得された方に読んでいただければ幸いです。

総評

本編の 4 人のヒロインのアフターに加えて、新たに本編でサブキャラクターの
 
4 人のキャラの個別ルートを追加した形になっていますが、サブキャラクター
 
だった 4 人の個別ルートは 1 つを除いてあまりいい出来とは言い難いですね。
 
やはり本編で丁寧にやっていた、お互いに好きになる過程などの 恋愛描写
 
本編と比べてどうしても、雑になっていましたね。本編の 4 人のヒロインの
 
アフターは本編でのその後を描いており、こちらは本編で恋人になった後の
 
話で基本的にはのんびりとイチャイチャしてるだけなんで、アフターとしては
 
まあ悪くは無い出来だと思いますが。

あらすじとプレイについて

本編の 4 人のヒロインは、恋人になった後のちょっとした問題や将来の話などが
 
メインですね。それから、本編のトライアル中の莉里の話とトライアル終了直後の
 
静穂の話と、本編から一年経った後の主人公が卒業間近になった時の要先生の
 
話と学園卒業後の桃子の話の合計 8 本が本作の全ての話ですね。
 

総プレイ時間は 6 〜 10 時間ぐらいですね。一応、本編の共通ルートをプレイ
 
する事が出来ますが、こちらはプレイ時間には含めていません。本作品独自の
 
共通ルートは無く、プレイを始めると、本編でサブキャラクターだった 4 人と
 
本編の 4 人のヒロインのキャラクターの中から個別ルートを選びプレイする形と
 
なっています。攻略順については特に自由でいいと思います。
 

シナリオ

本作独自の共通ルートが無いので、その部分は省きます。個別ルートについては
 
魔法や将来についての悩みに、ヒロイン達との恋愛描写を加えて描いています。
 

とりあえず先に、本編でサブキャラだった 4 人のキャラの個別ルートについて
 
書きます。まず莉里の個別ルートについてですが、こちらは本編のトライアル中と
 
言う事もありますが、本編でサブキャラだった 4 人のキャラの中で 恋愛描写
 
一番丁寧に描いていると思います。特に、莉里が少しずつ主人公の事を好きに
 
なっていく過程が丁寧に描写されていましたね。静穂の個別ルートについては
 
何でしょう。 過去との決別 がテーマとでも言えば良いんですかね。私としては
 
あの展開は嫌いじゃないですが、萌えゲーでこの内容は、ご法度の様な気が
 
しますね。要先生の個別ルートは どちらを選ぶのか と言う話ですが、私は
 
そんな事よりも、要先生がどうしてスズノネの先生になったのか?の内容の方が
 
面白かったですね。そんな理由があるから、あれだけ学園長にコキ使われても
 
学園の先生をやっているんだなと思いましたね。桃子の個別ルートは、唯一の
 
主人公が学園を卒業した後の話となっています。この個別ルートの見どころは
 
間違いなくお淑やかな桃子と更に 可愛くなったすみれ ですね。私は本編では
 
すみれが一番好なので、その可愛さに思わず変な声が出そうになりましたね。
 
なりましたね。本編でサブキャラクターだった 4 人のキャラは大体こんな感じ
 
ですね。本編の4人のヒロインのアフターについては、書く事がありません(笑)
 
少なくとも シナリオ については。と言うよりも基本的にはイチャイチャして
 
エッチして本編のその後について、少し書いて終わりですからね。でも本編の
 
アフターとしてはそれでいいと私は思います。私としては、本編のイメージを
 
崩さずに、主人公とヒロインの関係がより親密になっていると確認出来るのが
 
一番良いファンディスクのシナリオの形だと、私は思いますけどね。

グラフィック

本編同様の出来だったとは思いますが、一枚絵の枚数が少ない(全44枚)上に
 
そのほとんどが、Hシーン関係ばかりだったのは残念ですね。個人的には、各
 
ヒロインにあと 2 〜 3 枚ぐらいは一枚絵を追加して欲しかったですね。

音楽

本編の曲に新しくオープニングとエンディングと他数曲を追加した形ですね。
 
 恋は∞まじっく! と言う新オープニングは、明るくテンションの上がる曲と
 
なっていましたね。後は、本編同様に 約束の場所 は相変わらずいい曲だと
 
思います。

キャラクター

本編同様にすみれが一番好きですが今回は、桃子がかなり好きになりましたね。
 
桃子の個別ルートで見せた、お淑やかな桃子も結構好きですが、問題解決後の
 
少し照れている 桃子は、とても可愛かったですね。それに加えて、すみれは
 
本編で理想の妹を演じた時に匹敵するぐらいに可愛かったんで、更にすみれが
 
好きになりましたね。それから、莉里が本編より更に可愛くなっていましたね。
 
特に、莉里が主人公の事が好きと自覚するシーンはとっても可愛かったですね。
 
サブキャラは、本編で私が好きだった美奈都の兄である真の出番が、あまり多く
 
なかったのは残念ですね。このゲームでの彼の見どころは静穂ルートですかね。
 
静穂の事が好きな真に対して主人公が、自分の思いを伝えるシーンなんですが
 
ある意味 真は当たり前の事しか言ってないんですよね。そんな当たり前の事を
 
サラッと言える所は素直にカッコ良かったと思います。

Hシーン

回想シーンに各ヒロイン 8 人が 2 回ずつでそれに+α 1 つとなっています。
 
プレイについては、魔力漏れと言う新たなプレイ(これプレイと呼べるのかな?)は
 
ありましたけど、後は本編同様にそこまで変わったプレイは無いですね。私は
 
莉里の妄想のHシーンは結構好きですけどね。

最後に一言

+αのHシーンは中々面白かったですね。 (すみれと桃子の姉妹丼が欲しい)


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。

 


Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.