タイトル名   メーカー、ブランド名    総プレイ時間  
黄昏のシンセミア      あっぷりけ    25 時間前後  
                                       
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 A (24/30)     B+ (15/20)     A+ (17/20)     A+ (26/30)     A (82)       A   

総評

伝奇物の中に民俗学を取り入れた話になっていますが、良く出来ています。特に
 
各地の伝承にまつわる話の中にある 怖さ をシナリオだけで無く、グラフィックや
 
音楽も上手に使って表現しています。また、このゲームは、ヒロインの 1 人である
 
さくや が話の中心になる事が多いので彼女を好きになれるかで全体の評価が
 
だいぶ違ってくると思います。まあ、 濃い キャラクターではありますが、とても
 
魅力溢れるヒロインですので、多くの人が好きになれるとは思いますが。それと
 
個人的に気になった点として、ジャンルが 絆を受け継ぐ純愛ADV の割には
 
内容や表現が少々過激なんで、注意した方がいいと思いましたね。
 

あらすじとプレイについて

ざっくりと言えば 長らく故郷を離れていた大学生の主人公が、叔母から受けた
 
アルバイトをきっかけに故郷に帰る事になり、懐かしい人達に出会う。そこで
 
日常とはかけ離れた出来事を体験してしまう。その出来事をきっかけに故郷の
 
伝承について調べる事になり、その果てに主人公はある 1 つの決断をする事に
 
なる(一部公式ホームページより抜粋) と言った所ですね。
 

総プレイ時間は 25 時間前後。最初のプロローグが 1 時間〜 1 時間半。その後の
 
共通ルートについては 翔子、さくや、沙智子、美里、の 4 人が 30 分〜 1 時間。
 
銀子、いろは、朱音、の 3 人は 1 時間半前後で合計 2 時間前後です。個別ルートは
 
メインヒロインの 翔子、さくや、銀子、いろは、の 4 人は既読部分を除けば、全ENDを
 
合わせて 2 時間半〜 3 時間半ぐらいです。サブヒロインの 沙智子、美里、朱音、の
 
3 人は 1 時間前後です。そしてフラグメント(簡単に言えば、話の裏側や if などを
 
まとめた物)は 1 つが大体 3 分前後。長い物でも 10 分前後です。ただ、Hシーンの
 
ある物は人によって多少時間が前後しますが。またフラグメントの 降臨〜であい〜
 
帰郷〜わかれ〜 呪言〜ことぼぎ〜 の 3 つを見た後に追加されるフラグメントの
 
胎動〜はじまり〜 を見ると、シンセミア がタイトル画面に表示されます。こちらの
 
プレイ時間は 1 時間〜 1 時間半です。これら全てを効率よく見た上で、既読部分を
 
除けば、最初に書いた通り、 25 時間前後で終われると思いますが、このゲームの
 
システムである、フローチャート(一度通ったシナリオが何処で分岐するかを表示し
 
シナリオをクリックするとその場所にジャンプ出来る物)を上手く使えばもう少し早く
 
クリア出来るかもしれません。攻略順についてなんですが 必ず最後は さくやの
 
個別ルートで終わってから、フラグメントの 胎動〜はじまり〜 を見て、それから
 
 シンセミア と進める様にして下さい。また、フラグメントについては、新しく追加
 
されたらその度、見る。と言う形で良いと思います。個別ルートの攻略順については
 
銀子→朱音→いろは→美里→沙智子→翔子→さくや の順番が全体の話の内容を
 
理解しやすいと考えるので私のオススメですね。まあサブヒロインの順番については
 
ある程度自由でも良いと思いますが。

シナリオ

全体的な流れとしては プロローグで故郷の田舎への帰郷して懐かしい人と再会して
 
非日常的な体験をする所まで。共通ルートではプロローグの出来事をきっかけにして
 
故郷の伝承や過去を調べ始めて、メインヒロインの個別ルートではそれまでの謎が
 
ある程度判明し、サブヒロインの個別ルートでは日常を重視した流れで話が進んで
 
行きます。そして シンセミア で今までの内容を総括する形になります。
 

個人的には 残される人の気持ち と言うのもテーマの 1 つだと思っています。
 
これは、特に翔子の個別ルートで良く表現出来ていたと思います。2 種類の
 
終わり方をしましたけど、どちらでも形は違いましたが上手く表現していたと
 
思います。いろはや銀子の個別ルートでもその描写はありましたけど、翔子の
 
個別ルートほど上手くは描写出来ていなかったと思います。ですが、いろはには
 
両親関連の話。銀子は恋人関係になってからのやり取りと言った見どころは
 
それれぞれありますので、シナリオそのものは悪くないですよ。サブヒロイン達の
 
シナリオは村の伝承や謎よりもヒロインとの関係を中心に描写しています。これは
 
これで良いと思いますが、もう少しボリュームが(特に朱音の個別ルート)欲しいと
 
思いましたね。そして シンセミア についてなんですが、これは、それまでの
 
フラグメントの 胎動〜はじまり〜 から シンセミア への流れ。そして序盤に
 
見ることになる一枚絵。まずここで少し感動しましたね。そして、ここまで謎だった
 
様々な事が少しずつ判明していくシナリオ。そして終盤に一気に話は加速していき
 
あの結末へと進んで行きます。この シンセミア については、シナリオだけで無く
 
グラフィックや音楽も上手く組み合わさり非常にレベルの高い物になっていました。
 
また、それまでの伏線もほぼ全て回収して、これまでの総括に相応しい内容だったと
 
思いましたね。シナリオの欠点としては、一応ジャンルが 絆を受け継ぐ純愛ADV
 
なっているんですけどこの 純愛 と言う言葉に疑問を持つ(まあ何をもって純愛と
 
言うのかは人それぞれですが)シナリオがあった事は欠点と思いましたね。後は
 
大きな欠点は無く、タイトルを話の中で表現出来ていた良質のシナリオでしたね。

グラフィック

グラフィックの出来も良いですが、演出と組み合わせる事で 怖さ と言う物を
 
良く表現していたと思います。ヒロイン達も可愛く描けていましたし、立ち絵を
 
翔子と沙智子には 2 種類用意していた所も良かったですね。特に翔子は
 
シンセミア での立ち絵でガラッと印象が変わりましたね。一枚絵については
 
主人公と翔子とさくやの 3 人が抱き合ってる一枚絵が私は好きですね。また
 
これはそこに至るまでの流れが素晴らしく、ある意味 望みを果たした と私は
 
感じました。それを上手く一枚絵で表現出来ていたからこそ私は好きですね。

音楽

ゲームの雰囲気に良く合っている良い曲が多いですね。まずは、オープニングの
 
夏のファンタジア ですね。特にサビの部分の歌詞はゲームの内容にマッチして
 
いたと思います。それと、挿入歌の Long for … は流すタイミングが絶妙で
 
素晴らしかったです。後は 斜光線 や 日向の丘 の様な穏やかな 曲からの
 
 六道の辻 や 一つ石 の様な怖さのある曲への切り替え方も上手でしたね。

キャラクター

まあ、一番好きなヒロインはさくやですね。これについては、語るまでもないと
 
言うか、ある意味多くのプレイヤーの 理想 を取り入れた 完璧 に近い妹では
 
ないでしょうかね。彼女の魅力を語ると長くなるので、私が思う一番の魅力だけ
 
書いて終わりにします。それは 絶妙な距離感 ですね。特に主人公がさくやを
 
あくまでだと決断した個別ルートでのあの距離感は良いですね。もちろん
 
恋人関係になる個別ルートもそれはそれで良い物ですけど、あくまでと言う
 
関係のままで終わるのも 主人公の視点 から見れば良い終わり方なのかも
 
しれませんね。さて、さくやが一番好きなヒロインですが、次点と言う事なら
 
銀子か朱音になりますかね。両方とも年上のお姉さんとしての優しさも魅力の
 
1 つですが、銀子は子供っぽい所、朱音は純粋な所がそれぞれ好きですね。
 
サブキャラについては皐月さんがやっぱり好きですね。いっその事、未亡人に
 
しちゃってサブヒロインの様に攻略ヒロインにしても良かった様な気がしますが
 
さくやの個別ルートでの発言に 重み を持たせるために、あえて個別ルートを
 
作らなかった(制作スタッフの発言)と言う言い分も分かるので難しい所ですね。
 
主人公については頭も良く、行動力もあって、いざと言う時の決断力もあり、私は
 
結構好きですね。所々での変態発言や妹のさくやとのやり取りも面白く、そこも
 
好きな要素の 1 つですね。

Hシーン

回想シーンの数がそれぞれ さくやが 4 で 翔子、いろは、銀子、が 3 で朱音と
 
美里と沙智子は 1 で if と言う 内容で 2 の合計 18 個となっています。一部の
 
Hシーンは個別ルート内ではなく、フラグメントの中にある物もあります。プレイに
 
ついては、フェラにパイズリに3Pとある程度はそろっており、内容としては薄くは
 
ないですね。後は、1 つ明らかに 純愛 とはかけ離れた物があり、これをどう判断
 
するかで、Hシーンの満足度が変わってくる様な気がしますね。

最後に一言

さくやは恐らく最高クラスの妹。彼女以上の妹はほとんどいないでしょうね。


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。




Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.