タイトル名   メーカー、ブランド名   総プレイ時間  
恋愛0キロメートル      ASa project   15 〜 20 時間  
                                   
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 B (21/30)     A (16/20)     B+ (15/20)     S (27/30)     B+ (79)       A   

総評

グラフィックが優れていて、音楽も良いですけど最大の魅力は 魅力的な
 
登場人物が織り成す笑い(ギャグ)
にあると思います。私自身も何度も
 
笑わせてもらいました。笑わせ方もパロネタの比率はそこまで多くないと
 
(体感としては全体の 3 割ぐらい)思いますし、 この手のエロゲを十数本も
 
プレイしていれば分かる知識
 があれば十分に楽しめると思います。ただ
 
あくまでこの作品は 笑い(ギャグ) がメインなんで、これがプレイする人に
 
合うか合わないかで作品の評価が大分変わるでしょうね。そのため体験版を
 
必ずプレイして作品の雰囲気やを笑い(ギャグ)が自分に合っているかを必ず
 
チェックしておく事をオススメ します。

あらすじとプレイについて

簡単にまとめると 紆余曲折あって主人公が、ヒロイン達一家の家族と三か月の
 
期限付きで家族として一緒に住む事になりそこで、ヒロイン達の新たな一面を
 
知りながら仲良くなっていく… と言った所ですかね。
 

総プレイ時間は 15 時間 〜 20 時間で共通ルートは 2 時間 〜 2 時間半で
 
個別ルートは 1 時間半前後ぐらいで。多少咲耶ルートが長く 1 時間半前後
 
ぐらいです。攻略順は 咲耶ルートは実咲ルートの前にプレイして下さい。後は
 
自由でいいと思います。 華→乃来亜→咲耶→実咲→マヨ を私のオススメの
 
攻略順としておきますが、上に書いた点以外はそこまで気にしなくてもいいです。

シナリオ

共通ルートでは、主人公がヒロイン達一家の家族と三か月の期限付きで、家族に
 
なるまでの紆余曲折とヒロイン達の新たな一面を知る所をメインに描いています。
 
個別ルートでは、そんなヒロインを好きになっていまった主人公が多様な問題に
 
直面しながらも頑張る話となっています。
 

一部を除いてシリアスな展開は少なく(そもそもシリアスな展開でさえ、笑いに
 
走ろうとする)あくまで笑い(ギャグ)がメインで、所々に姉妹や家族の絆に
 
笑い(ギャグ)も交えながら取り入れている印象を受けましたね。個別ルートに
 
ついては何だかんだ言いながらも、咲耶ルートが一番笑わせてもらいましたし
 
まとまっていたと思います、が同時に大きな欠点も抱えていて、この欠点に
 
ついてはネタバレになるため詳しく書けませんが、実咲ルートをプレイすれば
 
私の言いたいことはわかると思います。この欠点に目をつぶれば一番出来が
 
良かった個別ルートでしたね。後の 4 人の個別ルートはクライマックスの
 
問題やシリアスの配分などにそれぞれ問題があって、シナリオとしてはあまり
 
高い評価はできませんね。

グラフィック

最初からこんな事を書くのはアレなんですが、乃来亜以外の各ヒロインの胸は
 
実際の公式サイトのホームページの表記より全体的に盛って描いてますよね。
 
絶対(良いか悪いかは別として)まあ、グラフィックそのものは各ヒロインを
 
可愛く描けていると思いますしSD絵なども、かなり可愛かったと思います。
 
私のお気に入りの一枚絵は、マヨが華の髪を梳かしている一枚絵ですね。この
 
一枚絵の華の表情は本当に可愛かったですね。

音楽

オープニングの 恋愛0キロメートル の明るい感じでテンションの上がる曲で
 
好きですけど 静かに降り積もるは雪 や ワルツオブライフ の様に穏やかで
 
落ち着いた感じのする曲も良いと思います。私のお気に入りは、オープニングの
 
アレンジである Zero ですね。このオルゴールから流れてくるような穏やかな
 
感じがとっても好きです。

キャラクター

まず、この作品の登場人物はヒロインはもとより、サブキャラはもちろんの事
 
主人公までもが頭おかしい奴ばっかりです。しかしそんな、登場人物たちの
 
やり取りや掛け合いが面白く、たくさん笑わせてもらいました。ヒロインに
 
ついては、みんなそれぞれ魅力的ですが、一番を決めるとすれば乃来亜か華に
 
なりますが、ここは乃来亜に軍配が上がりますかね。 普段とのギャップ
 
決め手ですね。乃来亜は個別ルートに入ってから徐々に可愛くなっていきますが
 
付き合い始めた辺りも、本当に可愛かったですね。ヒロイン達も全員好きですが
 
サブキャラも主人公の本当の兄弟である神や本田、父親の雅人にヒロイン達の
 
母親である希桜など本当に魅力的なキャラ達がたくさんいます。キャラクターに
 
不満を付けるとすれば、主人公の過去の件の描写の仕方とサブキャラを全ての
 
個別ルートで魅力的に描写し切れなかった事ぐらいでしょうか。特に、夕空や
 
灰などは一部の個別ルートでしかその魅力を十分に出せていなかったように私は
 
感じました。とは言っても、現状でも十分にキャラクター達は素晴らしい出来だと
 
自信をもって言えますけどね。

Hシーン

回想シーンは各ヒロインが 3 回ずつです。しかしHシーンで笑わせにくるのは
 
どうなんでしょう?プレイはヒロイン達のおっぱいが大きい事もあり、パイズリが
 
多いですね。後はローションプレイが1つあるぐらいでそこまで変わったプレイは
 
無いですね。

最後に一言

以外と真剣に本田と鬼瓦のその後が見てみたい。


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。

 


Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.