タイトル名   メーカー、ブランド名   総プレイ時間   
プリズム◇リコレクション !      Clochette   30 時間前後  
                                   
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 C (18/30)     A (16/20)     B (14/20)     A (25/30)     B (73)       S   

総評

無駄 に長いシナリオが問題ですね。起承転結の承と転の間の日常パートが
 
だらだらと無駄に長かったり、結の部分が終わった後に、更にまだ話が続くなど
 
続いたりと多くの人が中だるみを起こすと思います。そもそも 1 つ の話として
 
起承転結が出来ていない所も問題ですね。 シナリオ 以外は大きな問題は
 
ないので、シナリオの欠点を我慢出来るかで評価が分かれそうですね。

あらすじとプレイについて

簡単に書くと 現代より、少し技術が進んだ街に久しぶりに戻ってきた主人公が
 
胸の大きい女性に誘われて、編入した学園で ☆☆☆部(ほしみっつぶ)と言う
 
変わった部活に入り、様々な仲間と共にその部活でいろんな依頼を解決して
 
いく… と言った感じですかね。
 

総プレイ時間は 30 時間前後ぐらいで共通ルートは 4 時間前後で個別ルートも
 
大体同じぐらいです。攻略順についてなんですが、ぶっちゃけ自由でいいと
 
思います。あえて言えば、紗耶香か雛乃を最後にした方が全体の流れとして
 
多少はまとまると言うぐらいですかね。その辺りを考えると攻略順については
 
 このか→アイナ→雛乃→紗耶香 と言った順をオススメとしておきます。

シナリオ

共通ルートでは主人公が☆☆☆部に入り、活動しながら☆☆☆部の名前の由来や
 
本来の活動目的などを知っていく話で、個別ルート、は主に各ヒロイン達の問題に
 
絡めながら今までよりスケールの大きい問題に遭遇しながらも部活の仲間たちと
 
一緒に解決していく…と言った所ですかね。
 

総評でも書いたように起承転結や中だるみの問題も当然ありますけど根本的な
 
問題は 無駄にスケールの大きい問題をシナリオに組み込んだのに、それを
 
上手くまとめ切れなかった
所にあると思います。その結果として話の起承転結が
 
おかしかったり、中だるみを起こしやすくなってしまっていると私は思います。
 
まさに、その象徴とも言えるのが紗耶香の個別ルートですね。この個別ルートで
 
色んな問題をまとめて解決しようとして、様々な問題をシナリオに組み込んだのは
 
いいですが、上手くまとめられず、最後はぐだぐだになっている印象が強かった
 
ですね。全体的に見て、もっと書きたい内容を絞って描写するか、もう少し上手く
 
シナリオをまとめて欲しかったですね。共通ルート、個別ルート、それぞれもっと
 
もっと削れるシーンを削り、恋愛描写に絞って描写するだけで、もっと良い評価が
 
出来たはずです。それぐらいのポテンシャルはありましたから。

グラフィック

ここは良い出来ですね。ヒロイン達を一枚絵で可愛く描けていると思います。
 
それだけに詩子先生や九条先生の一枚絵も欲しかったですが。私のお気に入りの
 
一枚絵はいくつかあるんですが、その中でもアイナの外で着物を着ている一枚絵と
 
夜空をバックに雛乃が座っている一枚絵は好きですね。特に回想シーンでの
 
それらの一枚絵のを見た時のアイナは5枚目か7枚目、雛乃は3枚目の差分の
 
表情は本当に可愛かったですね。

音楽

オープニングの プリズミック は明るいテンションの上がる感じで、割と私は
 
好きですけど後はそこまで印象に残った曲はないですね。 ☆☆☆ストライド が
 
多少印象に残ったぐらいですね。この曲の明るい感じはこの作品に合っていたと
 
思います。

キャラクター

さて、とりあえず、ヒロインの 1 人である アイナ の可愛さは異常ですね。
 
共通ルートの時点ですでに、相当可愛かったですが、その後の個別ルートに
 
入ってからの会話のやり取りは聞いていて 何かがおかしくなりそう でしたね。
 
違う言い方をするなら 脳みそが溶ける とでも言えばいいですかね。この辺りは
 
声優さんの技量による所もありますが。それだけでなく チョット人とずれてる 所も
 
アイナの魅力の 1 つですね。そんな素晴らしいヒロインで、大好きなんですが
 
そのアイナが勝負にすらならない程に、私は 雛乃が大好き ですね。いや、もう
 
なんて表現したらいいんでしょうね。見た目は、高貴なお嬢様とでも言った感じ
 
ですし、所々でそんな仕草も見せますがそこまでお嬢様、と言った感じはなくて
 
文章を崩して言えば 妹系のチョロイヒロイン と言う感じです。ただ私は、その
 
全ての行動 1 つ 1 つがとても可愛く映り、また かなり癒されましたね。 後は
 
頭のネジがぶっ飛んでいる 所も魅力の 1 つですね。いやーまだまだ雛乃の
 
魅力はいっぱいありますし、私の拙い文章ではその魅力の半分も伝えられて
 
いないのが本当に残念ですね。まあ、私にとって雛乃は、陳腐な言い方ですが
 
天使 と呼ぶべき存在でしたね。…これで終わっても良いと思っていたんですが
 
またサブキャラにもいい人がいるんですよね。☆☆☆部に入り主人公の友人に
 
なった和泉や、その姉で何だかんだ言いながらも、主人公やヒロイン達を気に
 
かけてくれている九条先生も好きですけど、やっぱり私は、雛乃の姉である
 
詩子先生がサブキャラの中では一番好きですね。いい加減な上に相当ズボラで
 
かなりのダメ人間ですけど ちゃんと妹の事を大切に思ってるいいお姉さん
 
言った所や 何より年上の先生なのにとっても可愛い 所も相当魅力的ですね。
 
攻略ヒロインだったらきっとアイナと同じぐらい好きになっていたでしょうね。

Hシーン

回想シーン数は各ヒロイン 7 回となっていますが、フェラやオナニーのみの
 
枠が各ヒロインおよそ 2 回ほどありますが、Hシーンでそれなりの尺を使って
 
いますし、場合によっては二回戦もあったりしていますので、体感的には 7 回
 
よりも多く感じると思います。シーンについては野外プレイや放尿にアナルに
 
コスプレと豊富にあり、この手の純愛系の作品の中ではHシーンは、結構濃いと
 
思います。(私としては雛乃の放尿プレイがかなり気に入っています)

       最後に一言(一言じゃねえよ)

ただの私の感想なら「現状 Clochette の最高傑作でありこの手の純愛物なら
 
最高レベルの出来」とただ褒めちぎってしまうので、点数や評価に加えて文章も
 
んで厳しく書いたつもりなんですが、改めて見てもいつもより内容が酷いですね。
 
まあ、普段から大したレビューは書けてはいませんが。


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。




Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.