タイトル名    メーカー、ブランド名   総プレイ時間  
春季限定ポコ・ア・ポコ !     ALcotハニカム   10 時間前後  
                                       
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 B (22/30)     B+ (15/20)     A+ (17/20)     B+ (23/30)     B+ (77)       B   

総評

ミドルプライス作品としては十分な出来だとは思いますが、各個別ルートでの
 
内容を統一した TRUEルート の様な物があれば、更に良くなったと思います。
 
音楽関係の描写が多いですが、そこまで難しい専門用語は出て来ませんので
 
音楽に疎くても大丈夫です。グラフィックやキャラクターの出来も良い上に
 
流石、と言うべき音楽の使い方と良い曲もありますので、音楽の出来は優れて
 
います。総評としては、短いながらも中々の良作と言える出来だと思います。

あらすじとプレイについて

ざっくり書けば 音楽特待生として学園に入学したのに、最近は音楽活動を
 
全くしていなかった主人公が、特待生の資格を剥奪されてしまう事になり
 
それを何とかするために、嫌々ながらも再び音楽活動を再開する事になる。
 
その過程の中で様々な失った物を取り戻せるか?…と言う感じです。
 

総プレイ時間は 10 時間前後です。共通ルートは 1 時間半前後。個別ルートも
 
大体同じぐらいです。攻略順はルートロックの関係上 藍→桜→夏海 で決まり
 
ですね。藍→桜 のみ逆にする事も出来ますが、 夏海の個別ルート の内容を
 
考えると 藍→桜 の方がしっくりくると私は思います。

シナリオ

共通ルートでは、主人公の現在の環境と、複雑な人間関係を多少描きながら
 
音楽活動を再開してこれから頑張るぞ。と言う所までを描き、個別ルートでは
 
主人公が失ったものをヒロインと助けあったりしながらも取り戻していく過程を
 
中心に描いています。
 

結局の所、 各個別ルートとの兼ね合いと合理性 この問題を上手く解決する事が
 
出来なかった所が欠点ですね。どの個別ルートでも、シリアスな場面を無理に
 
重くせず、また軽くもせずに良いバランスで描写しながらも、最後は上手く
 
まとめていたと思います。ただ、こっちの個別ルートではこの問題を丁寧に
 
解決まで描写していながら、あっちの個別ルートでは全く触れらなかったりと
 
全個別ルートを見た時の 違和感 が結構ありましたね。まあ、これは別にこの
 
ゲームに限った事では無い話ですが、それが大きかったので今回はどうしても
 
気になりましたね。それを解決する 1 つの手段が総評でも書いた TRUEルート の
 
様な物を作り、そこでまとめて解決してしまう方法ですね。今回ならいっその事
 
夏海の個別ルートで、藍や桜の問題をある程度解決しながら夏海の問題を解決
 
する様な形にした方が、今よりもっと全体的にシナリオがまとまると私は思います。
 
ですが、そうすると夏海の個別ルートで色んな問題を、押し込んでしまいますので
 
それはそれでややこしくなる可能性もありますが。現状でも 各個別ルート単体
 
だけで見れば、上で書いた様に上手にまとめていますので、シナリオについては
 
良い評価をつけていますけどね。

グラフィック

ミドルプライスと言う事もあり、一枚絵の枚数は多くない(全56枚)ですが
 
一枚絵やSD絵の出来自体は良いと思います。ただ、グラフィックで少し
 
気になった点がありまして、桜のバイト先で女子の制服の頭に付けている
 
ホワイトブリム(でいいんでしたっけ?)の ハリボテ感 はやっぱり違和感が
 
ありましたね。一枚絵については、こちらを指さしながら、少し照れている
 
桜の一枚絵で桜の珍しい、少し照れてながらも笑っている姿が見られて
 
それがまた、可愛かったですね。私のお気に入りの一枚絵です。

音楽

ここは、流石に力を入れていましたね。曲に関しても素晴らしい出来だったと
 
思います。曲の出来だけなら流石に はるかかなた の出来が、ずば抜けて
 
良かったです。曲の使い方は 春花彼方 〜 on piano 〜 のタイトル画面での
 
使い方が良かったですね。また、オープニングの Aliare - halfchorus - や
 
エンディングの 新しい調べ - halfchorus - も両方とも良い曲でした。特に
 
オープニングの Aliare - halfchorus - は出だしのメロディーとサビの部分が
 
素晴らしく はるかかなた には若干劣りますが良い曲です。それ以外にも
 
 運命と意志 や 夕焼い空、長い影 と言った曲も印象に残っていて、音楽は
 
全体的に見て素晴らしい出来でしたね。

キャラクター

藍の 駄妹 っぷりも嫌いじゃないですし、夏海の ツンデレ も悪くはないですが
 
私は、桜の ギャップ にやられましたね。普段はつかみどころのない感じで
 
マイペースな性格でよく周囲を困らせていますが、音楽と親友に対する接し方は
 
真剣です。そこのギャップも良いですけど、やっぱり照れた時の反応は普段の
 
彼女からは想像出来ない程に可愛い所が魅力的で、私がこのゲームで一番好きな
 
ヒロインですね。サブキャラについては、多々良先輩のエセ関西弁風の話し方は
 
若干気になりましたが、主人公達に笑いを提供しながらも頼れるお姉さんとして
 
主人公達を支えていたのは良かったですね。また、主人公の友人であり、若干
 
ホモっぽい所はあるももの、随所で主人公を助ける敦も中々良かったですね。

Hシーン

回想シーンに夏海と桜が 3 回で藍が 4 回登録されますが、オナニーだけの
 
シーンもあったりして、実質的には各ヒロイン 2 回と考えてもらった方が
 
いいと思います。プレイについては、フェラやパイズリぐらいで、そこまで
 
変わったものは無く、Hシーンは全体的にやや薄めですね。

最後に一言

義妹がリアル妹を歌うって、これどうなの?

このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。




Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.