タイトル名    メーカー、ブランド名    総プレイ時間  
1/7の魔法使い       Regulus   15 時間〜20 時間  
                                       
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
  D (16/30)    A+ (17/20)    B+(15/20)     C (18/30)     C+(66)       B     

総評

シナリオの描写不足や粗さが目立ちます。雑と言ってもいいですね。シナリオに関しては話の
 
結末だけ見ればけっして悪くはないんですが、そこに至るまでの過程の描写を雑に書いている
 
のでどうもスッキリしないんですよね。音楽やグラフィックは良い出来なんで、せめてもう少し
 
シナリオがましなら及第点ぐらいの点数は付けられたんですがね。現状はギリギリ並ぐらいの
 
評価が妥当だと思います。

あらすじとプレイについて

簡単に書けば落ちこぼれの魔法使いである主人公が幼いころに約束した世界を救う魔法使いに
 
なるために本人の努力と周囲の仲間たちの力を借りて成長していく話と言った所ですかね。
 

総プレイ時間は15 時間〜20 時間ぐらいですね。共通ルートはおよそ 2 時間半〜 3 時間で
 
個別ルートはおよそ 1 時間半と言った所でえまルートのみ若干長くおよそ 2 時間弱ぐらい
 
ですかね。攻略順についてはえまルートはロックがかかっていて優希、愛華、美涼の3人の
 
ヒロイン攻略後に解放されます。それを踏まえると私としては 愛華→美涼→優希→えま の
 
順が一番無難かなと思いますが正直攻略順についてはそこまで気にしなくてもいいと思います。

シナリオ

共通ルートでは世界観の説明と落ちこぼれ脱却話と主人公の能力説明がメインですね。個別
 
ルートでは、恋人になったヒロインの悩み解決がメインですが、えまルートのみ少々スケール
 
の大きいこの世界の話となります。
 

しかしのっから文句を言うのもなんですが愛華と美涼の二人は、話の盛り上がりのピークが
 
起承転結で言う所の承の終わりぐらいできて後は下っていくだけってのがね…せっかく高い
 
レベルの高い戦闘描写が作れるですから、もう少し戦闘描写を増やして欲しかったですね。
 
逆にそれが話の終盤で出来た優希ルートは少なくとも愛華、美涼の二人よりは、終盤で盛り
 
上がりましたし、シナリオはまだ、まとまっていたと思います。シナリオの問題点としては
 
主人公の鈍感さとか伏線回収が出来ていない事や無駄な設定追加とか共通ルートと個別
 
ルートの言動やテキストの齟齬とか問題点はありますけど、とりあえず キチンと話の終盤に
 
盛り上げる所を作る事と矛盾を感じにくい丁寧なテキスト
これらが全ルートでしっかりと
 
出来ていればBぐらいの評価は付けられたと思うんですけどね。

グラフィック

グラフィックのレベルは高いと思います。ただどちらかと言えば、魔法詠唱などの
 
演出のレベルの高さをしてこの評価になっています。また、キャラクターそれぞれの
 
決め技のシーンの一枚絵などにも、その演出を上手く使いながらも、一枚絵を丁寧に
 
描いていると思います。(その丁寧さをシナリオにも欲しかった)ただ、贅沢を言えば
 
それ以外にもクオリティーの高い一枚絵が欲しかった所ですが。私のお気に入りの
 
一枚絵は、主人公と美涼の波状攻撃時の一枚絵ですね。元々、美涼の決め技である
 
天青の氷結鳥(ラーミア)の一枚絵のクオリティーは素晴らしく、好きな一枚絵の
 
1 つなんですが、その天青の氷結鳥(ラーミア)と主人公との波状攻撃をする
 
一枚絵は、迫力と高いクオリティーを持つ一枚絵でしたね。

音楽

オープニングの keep your promise は流石にテンションの上がるいい曲だと思います。
 
エンディングの identical air -seven one- も良かったですね。私のお気に入りは
 
 magicalformulas ですね。特に優希ルートで終盤に流れた時はテンションが上がりましたね。

キャラクター

まずヒロインについてはみんなそこそこ好きです。突き抜けて好きなヒロインがいないですが
 
苦手なヒロインもいない感じですね。あえて一番好きなヒロインを決めるとすれば愛華に
 
なりますかね。こういう守ってあげたくなるようなヒロインは割と好きなんで。まあ問題は
 
主人公ですよ。鈍感+頭の悪さ(一応作中で新しい魔法なんかを作ったりしていますけどね)
 
この2つを持っていている時点で大半の人は魅力を感じないと思います。(私はあまり主人公を
 
嫌いになる事があまり無いので、この主人公にイライラした事はあっても別に嫌いではないです
 
けど)サブキャラについても凛穂とか早乙女に妹の陽葵など魅力的なキャラがいるのにそれを
 
上手く描写しきれてないように思いましたね。特に凛穂と早乙女については凛穂は、戦闘シーン
 
をせっかくならもっと増やしても良かったと思うんですけどね。早乙女は、設定を考えれば
 
もっと活躍する場面があってもいいはずなんですけどね。全体的に見て キャラクターの魅力を
 
十分に引き出しきれていないように感じました
それが出来ていればもう少しいい評価を
 
付けられたんですがね。

Hシーン

回想シーンに4人のヒロインに各4回ずつで、パイズリやフェラなどに加えて1シーンとは言え
 
目隠しプレイなんかもありますしエロが薄すぎるって事はないです。ああ、あと全キャラ
 
魔粧状態(戦闘用のコスチュームを着ている状態)でのHシーンも1回ずつはあるんでそっち
 
方面が好きな人も一安心ではないでしょうか

最後に一言

今後恐らく総合力でこれ以下の作品のレビューは載せないと思う。…多分


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。

 


Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.