タイトル名    メーカー、ブランド名    総プレイ時間  
もしも明日が晴れならば       ぱれっと   30 時間〜35 時間  
                                       
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 A (24/30)     B (14/20)     S (18/20)     A (25/30)     A (81)       B+   

総評

人の心の負の部分である嫉妬や妬みに恨みなどを包み隠さずに割と正直に描いているため
 
この辺りが苦手な人はプレイを避けた方がいいですね。また幽霊や神様などオカルト的な
 
要素も結構ありますし、意外と人を選ぶゲームではありますね。ただ人の感情のより深い
 
部分まで描写している分、感情に訴えかけるものがありましたね。グラフィックも悪くない
 
ですし、音楽に関しては素晴らしいだけでなく 使い方 が抜群に上手でしたね。キャラクター
 
に関してはヒロインを中心に魅力的なキャラクターが揃っていますが、結局の所、この
 
ゲームは、野乃崎 明穂 と言う人物に支えている所が大きいので彼女の存在を、どう
 
考えるかでこのゲームを楽しめるかどうかが変わってくると思います。

あらすじとプレイについて

主人公は姉弟同然に育ってきた女の子に告白をして恋人になった。しかしそんな彼女は
 
病気であっさりとこの世を去ってしまう。しかしそんな彼女は数か月後にあっさりと
 
主人公の元に戻ってくる。幽霊として(一部公式ホームページより抜粋)
 

総プレイ時間は 30 時間〜35 時間ぐらいです。共通ルートが 6 〜 7 時間ぐらいで
 
個別ルートは1人を除いて 1 時間半前後と言った所ですね。攻略順については
 
あえて言えば千早ルートを先にプレイしておいた方がいいと言う事とつばさルートは
 
明穂ルートの後にやった方がいいと言う事ぐらいでしょうか。それらを考えると
 
攻略順は 千早→珠美→明穂→つばさ の順がオススメですが、実際はそこまで
 
考えなくてもいいと思います。後、私は認めていませんが一応彩香ルートと呼べる
 
物があるんですが、こちらはお好きなタイミングでプレイしてもらえばいいです。
 
(プレイ時間も15分程度なんで本当におまけ程度ですけどね。)

シナリオ

共通ルートでは 明穂→千早→つばさ→珠美→+α と各ヒロインにそれぞれスポットを
 
当てて話が進み、文化祭での出来事をきっかけに話が大きく動き出します。個別ルート
 
では、各ヒロインの負の感情と折り合いをつけながら、様々な厄や怨念などの問題を
 
解決していく話ですね。
 

共通ルートで多くの時間を掛けて各ヒロインの、考え方や想い、心情などを丁寧に
 
描写しています。このおかげで各ヒロインを自然に好きになれると思います。ただし
 
基本的に主人公はヒロインの 1 人である明穂の事が好きで、明穂も主人公の事が好き
 
なので他のヒロイン達は明穂が身を引かない限りはくっつかないんですよね。そして
 
そんな明穂は、心の中では主人公を渡したくないと思いながらも主人公の事を想い
 
自分の個別ルート以外では身を引き、主人公と他のヒロインのために奔走したり、大事な
 
場面でサポートしたりしていているんですよね。そんな訳で自身の個別ルート以外でも
 
明穂の出番は多いですね。だからこそ、明穂の個別ルートはもう少し 工夫 して欲しかった
 
と言うのが正直な所ですかね。決してダメな訳でないですよ。ただ、話の流れがあまりにも
 
予定調和 だったんで先が簡単に予想出来てしまって、事実その通りに進んでしまった分
 
驚きが少なかったと言うだけですから。

グラフィック

全体的に悪くはないですね。不満を上げるなら明穂ルートの最後のシーンでの一枚絵は
 
描くなら描くで主人公を、もう少し年相応に描いて欲しかったですね。私のお気に入りの
 
一枚絵はやっぱり学校の屋上で主人公と明穂が踊っているシーンの一枚絵ですかね。
 
ここでの明穂の笑顔はグッと来るものがありましたね。

音楽

曲も素晴らしいですが 曲の使い方 も上手いですね。特に 凪 と 雛鳥 の 2 曲の使い方
 
は本当に上手でしたね。特に 雛鳥 に関しては共通ルートの終盤で流れた時は鳥肌が
 
立ちましたからね。もちろんオープニングの もしも明日が晴れならば やエンディングの
 
 あなたを照らす、月になりましょう も素晴らしい曲でしたね。
 

キャラクター

一番好きなヒロインはやっぱり明穂ですかね。自分の事より自分の好きな人の事を考える
 
表面的な部分だけで無く、心の奥の底にある 嫉妬や妬み と言った負の部分もキチンと
 
描けていた事も良かったと私は思っています。これがある事で私はやっぱり明穂も1人の
 
可愛い女の子なんだなぁと思いましたからね。後、残念だったのは彩香の扱い方はもう少し
 
考えて欲しかったですね。せっかくいいキャラクターだったのにちょっと中途半端になって
 
しまったのは残念ですね。最後に主人公についての不満は優柔不断とかへタレとかいくつか
 
ありますけど私はまだ許容範囲ですかね。(途中で何度かイライラしましたけどね)

Hシーン

回想シーンには各ヒロインに3回ずつ登録されますけど、寸止めだったり、オ○ニー
 
だったりで本番は各ヒロイン2回ぐらいと考えてもらった方がいいですね。プレイに
 
ついてはそこまで変わったものは無いですが、千早のシーンでまるで強姦している
 
ように感じるシーンがありましたんでその辺りが苦手な人は気を付けた方がいいですね。

最後に一言

やっぱり生死観が関わると好き嫌いがはっきりと分かれるね。


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。

 


Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.