タイトル名   メーカー、ブランド名   総プレイ時間  
この大空に、翼をひろげて      PULLTOP   30 〜 35 時間  
                                       
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 B (22/30)     A (16/20)     B+ (15/20)     A (24/30)     B+ (77)       B   



初めに

今回のレビューは、ややネタバレに近い書き方があります。勿論、致命的な
 
ネタバレはしていないつもりです。ただ、私が書いた他のレビューと比べると
 
多少多めだと思います。その辺りの事を理解された上で、納得された方のみ
 
読んでいただければ幸いです。

総評

グライダーで空を飛ぶ事に青春を懸けた少年少女達の物語。と言うのが、この
 
ゲームの説明として一番しっくりきますね。高いレベルのグラフィックに加え
 
優しく穏やかな音楽に魅力的なキャラクター達。シナリオで描かれる爽やかな
 
青春。欲を言えば特定の個別ルートのシナリオさえもっと良ければ 名作
 
見えてくるだけのポテンシャルを十分にもっていたと思います。それだけにその
 
ポテンシャルを活かしきれなかったのは残念ですね。現状でも爽やかな青春
 
純愛物語として見れば 良作 の範囲に入る……と言いたい所ですが、そう
 
呼ぶのに支障のある個別ルートがあるので素直にはそう呼びにくいです。
 
私の感情を抜きにすればそう呼んでも良い総合力はあるとは思いますが。

あらすじとプレイについて

簡単に書くと 夢を失い故郷に帰ってきた主人公が、1 人の少女と一緒に空を
 
飛んでいるグライダーを見つけ空に憧れを抱きながらグライダーで空を飛ぶ
 
ソアリング部を立て直していく(一部公式ホームページより抜粋)と言った
 
感じで話は進んでいきます。
 

総プレイ時間は 30 〜 35 時間ですが、プロローグとでも言うべき部分を一度
 
見た後にカットすれば、10時間ぐらいはプレイ時間を短縮出来ると思います。
 
ゲームの流れとしては、プロローグとでも言うべき部分が 3 時間前後。そして
 
その後、共通ルートが 2 時間前後でその後個別ルートに入ります。天音のみ
 
共通ルートなしで、いきなり個別ルートに入る形になります。各個別ルートは
 
2 時間前後で小鳥と天音は 1 時間ぐらい長く、亜紗と依瑠は 30 分ぐらい
 
短いですね。攻略順についてですが、ルートロックがあって、最初は、小鳥
 
あげは、亜紗、の 3 人の個別ルートにしか入れません。小鳥の個別ルートを
 
クリアすれば、天音の個別ルートが、亜紗の個別ルートをクリアすれば依瑠の
 
個別ルートのロックが解放されます。これを踏まえて私のオススメの攻略順は
 
 亜紗→依瑠→あげは→小鳥→天音 ですね。理由としては私のお気に入りの
 
個別ルートを後に回すとこうなります。特に天音の個別ルートは、それまでの
 
謎や疑問が次々と明らかになるので、基本的には 最後 にした方が良いです。
 
後はどうとでもなるとは思いますが、依瑠の個別ルートについてはサッサと
 
クリアした方がいいです。と言うか私は未だにこれは依瑠の個別ルートとは
 
認めてないんですけどね。その辺りはシナリオの方で詳しく書きますが。

シナリオ

共通ルートでは 空に魅せられ空に憧れる。その中で学園のソアリング部と
 
グライダーを知り、1 つの目標に向かって全力で突き進んで行くのを描写して
 
います。個別ルートでは 各ヒロイン達が抱える問題と主人公が向き合って
 
様々な困難を乗り越えながら互いに成長していき 1 つの目標を達成しようと
 
頑張ると言った感じですかね。
 

プロローグや共通ルートで、現実的に本当に出来るのかどうかは別として
 
グライダーに関する説明や解説をしているので、この手の知識に疎い私でも
 
内容を理解しやすかったですね。それ以外でも、大きな目標に向かって
 
部活の仲間達と一緒に頑張る少年少女達は爽やかと言うか、まぶしすぎる
 
程に青春を謳歌していましたね。例え目標を達成できなくても、そこまでに
 
頑張ってきたことや努力した事は、決して無駄な事ではないと個人的には
 
思いますし、そう思わせてくれる様なシナリオだったと思います。それぞれの
 
個別ルートについては、グライダー、ソアリング部、ヒロインとの関係に加え
 
小鳥の個別ルートでは家族。天音の個別ルートではイスカ。と言った複雑な
 
関係も丁寧に描写しながらもキレイにまとめていたと思います。正直、小鳥と
 
天音の個別ルートとプロローグと共通ルートだけならか、場合によっては
 
A+ にするか悩むぐらいの評価になっていましたね。シナリオに関しては。
 
それがの評価になった原因の 7 割は依瑠の個別ルートの責任ですが。
 
いや、そもそもあれは、依瑠の個別ルートと呼んではいけない物です。私は
 
認めません。だって、公式サイトで 清々しくて甘酸っぱい青春ラブコメ
 
言っておきながら あの展開 は無いでしょ。その問題さえなければ、恐らく
 
一段上の評価をシナリオではしていたでしょうね。なぜなら、ソアリング部や
 
グライダーの描写は、亜紗の個別ルートよりも良く出来ていましたからね。
 
亜紗の個別ルートは主人公と亜紗の関係に重点を置き過ぎて、その描写が
 
雑になっていましたからね。ここは反省点だと思います。最後にあげはの
 
個別ルートについてですね。これは正直評価が難しいですね。グライダーや
 
ソアリング部の描写は十分ですけど恋愛描写の方がね。ネタバレ を避けて
 
書くと、あげはの嘘を許容出来るか? ここがポイントになって来るのでは
 
ないでしょうか。それが気にならないなら、小鳥や天音の個別ルートに近い
 
評価になると思います。

グラフィック

全体的なレベルは高いと思います。一枚絵やSD絵も良い出来と言えます。
 
グライダーのシーンの一部にCGが使われていましたけど、これについては
 
及第点と言った所でしょうか。オープニングの演出についても凝っていて
 
良かったと思います。私のお気に入りの一枚絵はグライダーの前で主人公と
 
ヒロイン達が集まっている集合写真と主人公と小鳥が自転車に 2 人乗りして
 
いる一枚絵ですね。特に後者は男が学生時代にやってみたい夢の 1 つでは
 
ないでしょうか。(叶えられた人はどれぐらいいるんでしょうかね)

音楽

優しく穏やかな音楽が多いですが、大空へ挑む時に流れる Open the Wind や
 
オープニングの Precious Wing の様な曲も中々良かったと思います。優しく
 
穏やかなBGMなら dreamin,little bird や Secret Gardens などは良かった
 
と思います。音楽自体はそれぞれの場面に合わせた曲を用意して、それを
 
上手く使えていたのではないでしょうか。

キャラクター

ヒロインに関しては、小鳥が一番好きですね。黒髪ロングの清楚で儚げな
 
印象からの ギャップ にやられました。何と言うか、もう 可愛すぎましたね
 
他のヒロインに関しても ギャップ が割と目立ちましたね。例えば、あげはの
 
普段はサバサバしていて主人公の親友の様な感じですけど、ふとした瞬間に
 
見せる女の子な部分や、天音の普段はマイペースで天然な所もありますが
 
集中し始めると、キリッとしたカッコイイ表情を見せる所などがそうですね。
 
サブキャラクターに関しては、主人公のお兄さん的な幼馴染のあんちゃんこと
 
五十嵐達也やヒロインの 1 人あげはの妹で、主人公が妹のように可愛がって
 
いる、姫城ほたる。主人公の住んでいる寮の住人で、主人公に対して弟の
 
ように接する時雨佳奈子など個性的で魅力的な人達がたくさんいます。その
 
中でも私が一番好きなのは生徒会委員の雲居朱莉です。真面目な努力家で
 
融通の利かない人物のように見えますけど、本当はとても優しくて、影で
 
主人公達の事を心配してくれたり、助言やサポートもしてくれます。最後に
 
主人公についてですが、純粋に顔がカッコイイです。かつては、自転車に
 
魅せられてのめり込んでいたから気づかなかっただけで、普通はあれだけ
 
運動が出来て、料理も得意で、周りへの気遣いも出来て、行動力もあれば
 
モテモテでもおかしくないと思うんですけどね。小鳥の王子様発言も決して
 
過大評価ではないと思います。特に小鳥の個別ルートではクライマックスに
 
小鳥を追いかけるあのシーンは痺れましたね。これだけのスペックを持って
 
いれば、あれだけの学園生活を送るのにも納得出来ますね。

Hシーン

回想シーンに、小鳥とあげはと天音が 4 つで、亜紗と依瑠が 2 つ。それと
 
もう 1 つ収録されてます。ただ、小鳥と天音は足コキとフェラだけで 1 つ
 
シーンを使っているので実質 3 つですね。プレイについては他にパイズリと
 
ア○ルと放尿と軽い飲尿があるぐらいです。この手のゲームにしては、結構
 
Hシーンは頑張っている方だと思います。だた、声を大にして言いたいのは
 
放尿は良くても飲尿はダメと言う人もいるので、その 配慮 をもう少しして
 
欲しかったですね。

最後に一言

眩しすぎる青春を見せつけられると色々と考えさせられる。


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。




Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.