タイトル名    メーカー、ブランド名     総プレイ時間  
ココロ@ファンクション!       PULLTOP    25〜30 時間前後  
                                   
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 C+ (20/30)     A+ (17/20)     B+ (15/20)     B (21/30)     B(73)       B   

総評

シナリオの各個別ルートそれぞれの問題点が足を引っ張ってシナリオの評価は
 
高くないですがグラフィックの出来は間違いなく素晴らしかったですし、音楽も
 
良く、キャラクターもまずまずですね。シナリオに問題があるとは言え近未来を
 
イメージした世界観は、とても良かったですし後は、矛盾や消化不良感の少ない
 
シナリオを全個別ルートで描けていれば、間違いなく良作と言える物になって
 
いたんですけどね。

あらすじとプレイについて

簡単にまとめると 近未来の世界で多機能通信カード「オルカ」によって支えて
 
いる最先端都市の学園で学生代表(生徒会長と言う認識でいいです)をしていた
 
変態な妄想ばかりしている主人公がある日突然「オルカ」にインストールされて
 
しまったココロファンクションと言う奇妙なアプリのせいで内に秘めた変態な
 
妄想が他人にも勝手に伝わるようになってしまった。それを何とかするために
 
ココロファンクション対策委員会(通称CFC)を作って、自分と同じように
 
ココロファンクションに悩む人同士で助け合いながら問題に対処していく と
 
言った感じですかね。
 

総プレイ時間は 25 時間 〜 30 時間ぐらいで、共通ルートは 2 時間半前後で
 
個別ルートもいぶきルートと特殊なルート(以降は、双子ルートと表記)以外は
 
大体同じぐらいです。いぶきルートのみ少し短く 2 時間前後で、双子ルートは
 
30 分ぐらいしかないですが。双子ルートについては、めばえといぶきの両方の
 
個別ルートクリア後に解放されます。攻略順は、朝顔と水菜は後に回した方が
 
全体の流れとしてスッキリするので  聖→めばえ→いぶき→水菜→朝顔 の
 
順をオススメとしておきますが水菜と朝顔はどちらが最後でも別にいいです。
 
あ、双子ルートはお好きなタイミングでどうぞ。

シナリオ

共通ルートでは、主人公が様々な紆余曲折ありながらもココロファンクション
 
対策委員会(通称CFC)を立ち上げるまでを中心に描いていて、個別ルートは
 
ヒロイン達の心の問題を解決したりしながら、ココロファンクションの謎に
 
迫ったり迫らなかったりしています。
 

シナリオ以前の問題として 明らかに めばえ、いぶき両名の個別ルートを
 
軽視していますよね。
(特にいぶきルート)それぞれをキチンと 1 つの
 
個別ルートとして話を作って欲しいですね。残りの聖、水菜、朝顔の 3 人の
 
個別ルートについては、ココロファンクションの件や最後の投げやり感満載の
 
終わらせ方に恋人になるまでの過程など 3 人の各個別ルートそれぞれに、今
 
書いたこれらの要素がいくつかが当てはまり 問題点も多いです。後、主人公の
 
ココロファンクションが シナリオ に関してはマイナスの面が大きかった様に
 
特定の個別ルートで感じましたね。これらの事を考えると、良い評価はとても
 
出来ませんね。
 

グラフィック

グラフィックそのものの出来も素晴らしく、演出などで近未来を良く表現出来て
 
いると思います。一枚絵に関しても良い出来だと思いますし、電子技術戦。とでも
 
言う様なシーンの演出も良かったですね。またSD絵に関しても、各ヒロイン達を
 
可愛く描けていましたし満足しています。後、主人公単独の一枚絵などもあったり
 
します。こちらは結構カッコ良く主人公が描かれていますね。私のお気に入りの
 
一枚絵は、スーパーコンシェルジュことベルの一枚絵ですね。ゲーム内の言葉を
 
借りるなら 電子の妖精 とでも言うべき可愛さでしたね。
 

音楽

オープニングの ココロルート や ユレルサイクル も明るい感じも私は
 
好きですけど エクスプローラー や エレクトロ・フラワー なども結構
 
好きですね。その中でも私の一番のお気に入りは ココロルート ですね。
 
特に朝顔の個別ルートで流れた時は、改めていい曲だと思いましたね。

キャラクター

共通ルートの時点では、聖が一番好きだったんですが全個別ルートクリア後は
 
もうすっかり水菜が一番好きになっていましたね。彼女の魅力を簡単に言えば
 
ギャップと嘘 ですかね。まあ、これに私は個別ルートでやられましたね。聖も
 
ストレートに主人公の事が好き なのが良く伝わってきて結構好きなんですが
 
水菜の 破壊力 (この表現でいいのかな?)には勝てなかったですね。主人公に
 
ついては賛否が分かれそうですね。私としては 変態 な所を除けば結構有能な
 
人物で普通に魅力的な主人公だと思うんですけどね。 変態 ですが。

Hシーン

 注意 初回予約特典をダウンロードするとHシーンが増えますが、今回のレビューでは
 
初回予約特典は回数に入れていません。

 

回想シーンに 聖、水菜、朝顔、が各 6 回、めばえ、いぶき、は各 2 回に+α と
 
なっていますが実際はフェラやオナニーやらで回数を増やしている部分もありますが
 
1 つのシーンで二回戦をやったりしているんで実質的には、回想シーンと同じぐらいの
 
密度はあります。回数だけ見れば、また双子軽視ですがその分は+αでごまかそうと
 
しているんでしょうね(私はちゃんとめばえ、いぶき、にもっと回数が欲しかった。
 
特にめばえは実質的には 1 回しか無いのと同じですからね)シーンについては、若干
 
野外率が高いですね。それ以外には、軽い縛りプレイにSR (簡単に説明すると小型
 
機器を介してそこに「見えたり、触ったり出来る物」があるように錯覚させる技術)を
 
利用したシーン(ざっくり言えば疑似的に男性器を作ってそれでHするとか)なども
 
ありHシーンは濃いめですね。合う合わないは別として。

最後に一言

めばえといぶき、この双子の軽視はどうにかして欲しかった。


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。

 


Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.