タイトル名   メーカー、ブランド名                  総プレイ時間  
戦女神ZERO     エウシュリー   初周 30〜35 時間前後、フルコンプでおよそ 70 時間以上  
                                       
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 A+ (26/30)     B (14/20)     B+ (15/20)     S (27/30)     A(82)       S   

初めに

この作品は長く続いている戦女神シリーズの時系列としては最初に当たる話です。
 
これから戦女神シリーズをプレイしてみたいと考えている人は、まず本作品を一番
 
最初にプレイするべきだと私は考えます。また今回のレビューでは修正パッチは
 
(Ver1.01)の物を当てていて、アドペントディスク(追加データ)は無しの状態で
 
プレーしています。

総評

シナリオとキャラクターの魅力を 高いレベルで両立 出来ている事が凄いと思います。
 
それだけでなく、ゲームとしての RPG の部分もしっかりと作り込まれていて、こちらも
 
素晴らしい出来ですね。それらから比べてしまうと若干グラフィックの出来は落ちると
 
思いますが、この程度は許容範囲だと思います。後、欠点として挙げられるのは
 
周回要素に乏しい事と、全体的に物語が暗めで、救いの無い所もあったりする話
 
なので、その辺りで好き嫌いが分かれる所などですね。総合点数では名作クラスに
 
届いていませんが、グラフィックの出来や他の欠点を十分にカバー出来るシナリオと
 
キャラクターの魅力がありますので多くの人にプレイして欲しい作品の1つですね。

あらすじとプレイについて

ざっくりと言えば 神殺しと呼ばれる人物がその名にある様に、どうやって神を
 
殺し、またどのようにして人々にそう呼ばれる様になったのか? と言う話で
 
長く続いている戦女神シリーズの原点となる物語となっています。
 

私は一周目を総プレイ時間 35 時間弱でクリアしましたが、かなりレベル上げを
 
(レベルを400にしてから終章に入った)しましたので、普通に進めれば一周目は
 
30 時間前後でクリア出来ると思います。ゲームのポイントとして抑えるべき所を
 
3 つほど上げておきます。(あくまで個人的に思った事の中で重要だと思う点を
 
書いている簡単な物なので、効率よく攻略するなら他の優秀なサイトをどうぞ)
 
@ 味方キャラクター(特に主人公)の徹底したレベル上げを行う事。
 
A 各武器や防具に付いていける 属性 を理解した上での適切な攻撃。
 
B スキルアップや熟練度など 何処の能力 を効率よく上昇させるか?
 
この 3 つですね。@ についてはある意味 RPG の基本ですね。ただ、場所に
 
よっては自由なレベル上げが出来ない所もあるので、余裕のある時にやっておく
 
方が良いと思います。ただレベルを上げ過ぎてしまうと戦闘に緊張感が無くなるので
 
その辺りは各プレイヤーの判断次第ですね。また主人公のみ経験値の取得だけでは
 
レベルアップせずキャラクター能力メニューから経験値を消費して能力値を上昇させる
 
事で一定値を超えるとレベルアップします。A についてはゲーム内や取扱説明書
 
にもある通りで 属性の相性 によってこのゲームは与えられるダメージが大幅に
 
変わります。それだけでなく中には属性によってはダメージを 吸収し回復する 物も
 
ありますのでそれらを考えた上で武器や防具を選ぶ必要があります。B については
 
スキル(魔法や剣術など)や武器(小型武器や中型武器など)にはそれぞれ熟練度が
 
あり特定のランクに到達していないと、武器やスキルが使えません。熟練度は武器や
 
各スキルを使う事によりそれぞれ熟練度が貯まる形となっています。つまり 自分が
 
上昇させたいスキルや武器を戦闘で使わないといつまでたっても熟練度は増えない

 
と言う事です。この 3 つ以外にも重要な事はありますがそれはゲームをプレイしながら
 
の方が覚えやすいと思いますし、この 3 つを覚えておけばとりあえず戦闘で困る事は
 
無いと思います。最後に私の主人公の強化方針を書いて終わりにします。(あくまで
 
個人的な物なんで目安程度に考えて下さい)能力値の上昇は筋力、器用度、魅力、を
 
優先して上げ、余裕があれば、体力、機敏性、を上げる。スキルは「必殺・飛燕」を
 
武器は中型武器を中心に熟練度を上げる。こんな感じの物理型が割と楽にゲームを
 
クリア出来るかなぁと思います。

シナリオ

序章、終章を含め全 11 章からなる話で大きく分けると 4 つに分けられると思います。
 
第一部は神殺しと呼ばれる者の誕生、第二部は神殺しが自分を取り戻す戦い。
 
第三部は別の視点から神殺しの行動を描く話。第四部は因縁の決着 と言った流れです。
 

第一部は主人公とサティアが出会い、互いに惹かれ合う中少しずつ状況が変化していき
 
第一部の最後で主人公とサティアの関係は大きく変わります。またこのシーンは音楽
 
も素晴らしくそれに合わせて画面に次々と現れるシーンも良い演出でした。本作でも
 
屈指の 名シーン でしたが 戦いに負けたバージョン も中々良く出来ていたと思います。
 
第二部は神殺しとなった主人公が自分を取り戻すために戦うのですが、ここにもまた
 
いくつものドラマが待っていて様々な感情が人々を惑わせ狂わせる話になっています。
 
第一部での話の伏線などを上手く第二部に持って来てプレイヤーの感情を揺さぶる
 
物語は中々上手に出来ていると思います。第三部では物語の視点が少し変わり、代々
 
語り継がれる神殺しの伝説を描いていますが、こちらは戦にうごめく様々な種族の
 
思惑と共に国の話を混ぜています。ここでの神殺しの行動も後の第四部に対して
 
様々な影響を与えていて後から見返すと良く話が作られていたと考えさせられました。
 
第四部では今までの話の総決算と言う形で主人公が様々な人たちの力を借りて長く
 
続いた因縁に決着をつける話で、こちらは様々な出来事が 1 つの形となり物語が
 
収束へと向かって行く過程においていくつもの出会いと別れがあり、その 1 つ
 
1 つが心を揺さぶる様な素晴らしいエピソードであり本作の名シーンの 1 つだと
 
言えると思います。全編を通して暗めな展開が多い上に、救いの無い所もあったり
 
しますが、それでも約束を信じ歩き続ける主人公。長く続く戦女神シリーズの
 
全ての始まりに相応しいシナリオだと思います。欠点としては 区切りはちゃんと
 
ついていますが、続編へと続く事を前提にシナリオも作られていますのでそれを
 
どう考えるかと、シナリオから感じる暗めの雰囲気がある程度、人を選ぶ所がある
 
のは欠点と言えると思います。

グラフィック

一枚絵の出来は悪くはないですし、枚数もかなり多い(全143枚)ですが一枚絵の質が
 
若干悪いと思います。まあそこまで悪い訳ではないですが。一枚絵ではこちらに剣を
 
向ける魔神ハイシェラの一枚絵と、泣きながら主人公にしがみつくシャマーラの
 
一枚絵は割と気に入っています。

音楽

オープニングの 約束の剣 やエンディングの 足跡 もいい曲ですし 約束の剣 は
 
作品クリア後に聞くとその歌詞の意味がまた違って聞こえてくるいい曲ですね。また
 
第一部の終盤での 聖なる裁きの炎 からの 君と再び出会うため の流れも良い
 
ですが負けた時の 神聖なる魂の座 も中々いい曲でしたね。後は、巡り来る災い 
 
なども緊張感のある曲で良かったと思います。

キャラクター

登場人物が多い分、全てのキャラクターについて書くと長くなるので主人公を含め
 
特に好きなキャラクターを 5 人ほど選んでそのキャラクターについて書きます。
 
まずは第一部のメインキャラのサティアですかね。彼女こそまさしくメインヒロイン
 
とでも言うべきキャラクターで彼女との出会いから全ての話が始まったと同時に
 
辛く苦しい旅が始めたと言っても過言ではないですね。彼女の魅力は 慈愛の
 
中に見せる寂しさ
でしょうかね。そして互いに少しずつ惹かれていき、主人公と
 
サティアは愛し合う。まさしく純愛と呼べる物ですね。そして第一部の最後で見せた
 
彼女の 深すぎる慈愛 この辺りはグッと来ましたね。次は主人公の姉である
 
カヤについてです。主人公と長く 2 人で暮していただけに姉弟の仲はとても良く
 
普段は口に出さないけど互いにとても大切に思っています。だからこそ第一部での
 
あのシーンは衝撃を受けましたし、第二部でのあのシーンはやるせない気持ちに
 
なりましたね。それでも 弟を想う姉の気持ち を知った時は、やっぱり良い姉だと
 
改めて思いました。続いてはシャマーラについてです。彼女こそ第四部の中での
 
癒し だと個人的には思います。今まで戦い続け、道を歩み続ける主人公にも
 
休息の日々は必要だと思います。シャマーラとの出会いから主人公が護衛として
 
引き取られてからの日々は主人公にとっても、またプレイヤーにとっても心安らぐ
 
時間だったのではないのでしょうかね。明るくサバサバした性格で主人公を引っ張り
 
主人公もプレイヤーも自然と笑顔になっていたはずです。そこが彼女の魅力ですね。
 
そして次はハイシェラですね。彼女はそうですね。裏ヒロインとでも言うべき存在
 
ですね。様々な種族に恐れられる地の魔神ではありますが、彼女について多くの
 
謎が語られる辺りからどんどん好きになって行き終章に入った辺りではこの作品で
 
一番好きなキャラクターになっていましたね。彼女の魅力はやっぱり ギャップ だと
 
私は思います。残虐な所もありますし、実際にそのような行動を起こす事も
 
ありますが、自分の認めた者にはまるで母の如し 包容力と母性 を見せる事も
 
ありこの辺りの ギャップ はやっぱり魅力的ですね。また、その古風な喋り方も
 
魅力の 1 つですね。最後に主人公の神殺し、セリカ・シルフィルについて書いて
 
終わりにします。彼は様々な困難や運命に巻き込まれながら色んな物を失ったり
 
しながらも、ひたすらに戦い続ける姿を見ていると、やっぱり幸せになって欲しいと
 
強く思います。また多少ズレている所はありますけど心優しく、弱い者を助けたり
 
戦いの中で悪を倒したりと言った正義感に溢れる所も神殺しなどと呼ばれる様に
 
なっても多少はある所も魅力の 1 つですね。

Hシーン

シーン回想全 41 個とかなり多く、凌辱シーンもそれなりに(最低でもそう呼べる物は
 
10 個以上)多く、プレイについてもフェラからパイズリに触手など様々で種族も
 
悪魔に天使にナーガにエルフと色々とありそっち方面でも楽しめると思います。
 
個人的にはリーズやヴェルロカにナベリウスなどのロリ系が以外と楽しめましたね。

最後に一言

第一部で主人公が負けた方が実は幸せだと思った人ほど続編をプレイして欲しい。


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。

 


Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.