タイトル名   メーカー、ブランド名   総プレイ時間  
ハジラブ -Making*Lovers-   SMEE   20 時間前後  
                                       
シナリオ    グラフィック   音楽    キャラクター   総合点数    個人的評価  
B+(23/30)    B+(15/20)   (16/20)   (24/30)   B+(78)    B+  
 
初めに(前書き)

このゲームは -Making*Lovers- という SMEE が過去に発売した
ゲームのコンセプトと世界観を継承したものです。そのため、今回の
レビューでは -Making*Lovers- との比較を書いている部分が
いくつかあります。 -Making*Lovers- の直接的なネタバレ はない
ですが、内容についての記載がある場合もあります。それを了承
して頂いた上でこのレビューを読んでいただければ幸いです。
それとこれ以降、このレビューでは -Making*Lovers- の事は
前々作と表記します。厳密には違いますが、その方が書くときに
楽なので。

総評

タイトルの関係上、前々作とどうしても比較してしましがちですが
交際してからはじまる恋心 というコンセプトの一部分の面では
劣っている とハッキリ言っておきます。しかし、もう 1 つの
恥じらい + の部分はシステム的な賛否はあるにせよ、本編で
まずまずの描写は出来ていたのでコンセプト詐欺ではないです。
それよりも問題なのは前々作の名をタイトルに使用しておきながら
前々作をプレイした人に満足してもらえる内容ではなかった事です。
おそらく前々作をプレイした人は、ギャグやキャラの壊れっぷりや
それに対するツッコミなどのバランス感。一言で言えば SMEE感
魅力を感じてプレイした人には満足出来る内容ではなかったです。
ただ、プレイする人全てが前々作をプレイしてから今作をプレイ
する訳でも、ここのメーカーの過去に発売したゲームをプレイして
から、今作をプレイする訳ではないので、純粋な 1 つのゲームと
して見た場合は 良作 の範疇に入ると思います。ただ、その上を
目指せる可能性を感じなかったです。例えばグラフィックは良く
なったと思いますが、背景は前々作の使いまわしが結構ありますし
音楽もBGMも使いまわしがいくつかあります。しかし、それらの
質は良いので、評価としては高くなります。ただそれに対しての
満足感 が圧倒的に足りないんですよね。恐らく、このゲームが
ここのメーカーの初プレイ作品だったとしても 名作 と思える人は
ほとんどいないのではないか。それが私の素直な気持ちです。


あらすじとプレイについて

簡単にまとめると 運命的な恋をしてみたい主人公。しかし運命の
恋人は空から降ってきたりしないと気づき、自ら行動してみようと
考えるそして 4 人の少女との夏祭りでの出会い。ここから主人公の
日常が変わっていく。…といった感じです。
 
総プレイ時間は 15 時間前後です。プロローグ的な共通ルートが
1 時間前後。各個別ルートが 2 時間半前後です。各ヒロインの
視点での回想がいくつかあり、こちらは各ヒロインごとに 15 分
ぐらいありますね。攻略順は絶対とまでは言いませんが、桜子を
初穂よりも先にプレイすると色々と思う所が出てくるのでやめた
方がいいです。私は 小唄→秤→初穂→桜子 の順番でプレイを
しましたがこの順番が割と良かったので、これをおススメとして
おきます。それと各ヒロインごとにデートスポットの選択があり
選択次第で内容が変わります。気になる方は全て見ておいた方が
各ヒロインの様々な面が見れるので、見ておいた方がいいです。

シナリオ

共通ルートは 主人公や各ヒロイン達の紹介。そして主人公が誰を
選ぶのかまでを描写しています。個別ルートは 各ヒロインとの
一対一の関係を重視しながら、しっかりとした恋人関係になる
過程を描写しています。
 
総評では色々書きましたけど、シナリオは決して悪くはないです。
交際してからはじまる恋心 というコンセプトの方は微妙でしたが
恥じらい + の部分はまずまずで、特に小唄の個別ルートでは
その辺りの描写は良かったと思います。ただ、恥じらいの描写の
仕方というか、表示方法がテンポを悪くしているように感じられ
ました。まあ、描写自体は問題ないのですが。それと今回はその
恥じらい部分をヒロインの視点で見られる所は良いですね。欲を
言えばもう少しその部分の描写が長ければもっと良かったですが。
各個別ルートは秤がもう一歩伸びきらなかった感じはありますが
秤の純粋さと可愛さを堪能しながら、恋人関係になっていく過程は
悪くはなかったです。小唄の方はバフみとママみと可愛さの中に
肉食的な ギャップ が相まっただけでなく、彼女の変化と成長を
そっと支える主人公の描写も良かったです。桜子の方は何と言うか
圧倒的な王道的幼馴染感が強く、終始それが現れていた内容でした。
幼馴染という関係性が近いからこその、そこからの変化。この辺りの
描写も含めて幼馴染ヒロインの王道的な展開を楽しめるシナリオで
あったと思います。ただし、アクというかクセがほとんどないので
今までの SMEE の幼馴染ヒロインとは良くも悪くも違うので、この
部分をどう感じるかで評価が分かれそうですね。そして最後は初穂
です。何と表現したらいいのか困る個別ルートでしたね。確実に
言える事は総評でも書いた SMEE感 を一番感じながらも今までの
SMEE ではなかった方向に話が流れたりした内容でしたね。これは
桜子の個別ルート以上に賛否が分かれそうな感じです。私としては
道中や終盤で少し眉をひそめはしましたが、全体を通して見れば
シナリオとしては今作の個別ルートの中では評価は高い方です。
ただ、詳しくは ネタバレ になるので、下手な事を書けませんが
初穂の個別ルートの内容は他のヒロインの魅力を減少させてしまう
可能性をもっているので、ゲームの全体的な調和を乱しかねない
所が更に評価を難しくしていますね。最後に本作ではHシーンが
多い関係上、少し不自然にHシーンに入る場面があったりします。
減点するほど気になったものはありませんでしたが、気にされる
方もいる場合がある事は明記しておきます。

グラフィック

背景は前々作の使いまわしがいくつかありますが、一枚絵の出来に
関しては前々作よりも上ですし、安定していると思います。また
立ち絵のバリエーションも良くて、小唄の腕を挙げている立ち絵は
個人的に好きです。一枚絵なら桜子の個別ルートのラストで表示
される一枚絵が好きです。この一枚絵が桜子の個別ルートの最後で
表示されて終わる形こそが桜子の個別ルートを物語っているとまで
言うと言い過ぎかもしれませんが、そう思える程には好きな一枚絵
ですね。

音楽

グラフィックと同じで、前々作の使いまわしがいくつかあります。
特に 大人になって理解する実家の安心感 は前々作で割と好きな
BGMなので、印象に残っています。ですがそれよりも、秤の個別
ルートで流れた Girls' Carnival は反則です。アレは前々作の
中でも屈指の名曲ですからね。必然的に音楽の評価を上げざるを
得ないです。ただ、そうなると、今作のオープニング曲である
One Two Trap!! やエンディング曲の 遥(はるか) といった
今作の曲が目立たなくなってしまいますので、その辺りも問題
ですね。個人的には今作のBGMでは 小狐座の紅い宝玉 が
印象的でしたね。いくつかのバージョンもあっていいんですが
これは特定のルートでしか流れないので、あまり聞く機会がない
のが残念です。

キャラクター

桜子の王道感と初穂の変化球。どちらも良いですが、一番好きな
ヒロインを決めるなら、僅差で初穂になりますかね。桜子の王道的
幼馴染感と無垢な所。ここから発せられる可愛さも大変素晴らしい
ですけど、初穂の普段の姿から想像出来ない、時折見せる可愛さ。
この ギャップ はいいものですね。ただ、小唄のあえてロリママと
書きますが、こちらの魅力も大変良いものがあります。小さい体で
主人公を優しく包み込む圧倒的な母性。それと相反するHシーンの
貪欲さ。この ギャップ もいいんですよね。秤も秤で、見た目からは
考えられない清純さと天然さ。そしてチョロさ。この辺りの可愛さも
これまたいいんですよね。桜子と初穂がぶっちぎっているだけで
小唄も秤も良いヒロインでした。キャラクターの評価が、もしも
ヒロインだけなら確実に A+ の評価にしています。そして主人公の
評価も割と高いですね。前々作と主人公とはフリーターと学生の
違いはありますけど、アクとクセとキチガイ度が前々作の主人公
より弱くなった分、万人受けしやすくはなっていますね。ここは
人によってはメリットでありデメリットでもありますが、根底の
ヒロインを大事にして、そっと寄り添いながらも場合によっては
自らの危険も顧みずヒロインの為に行動できる。この辺りは今作も
前々作と変わらないので、好感が持てます。ならばどうして今作の
キャラクター評価がなのかと言われると、サブキャラクターの
問題ですね。せっかくの学生主人公なのに、主人公と仲のいい男子
学生が一人もいないんですよ。主人公とつるんで、モテない事を
嘆きながら、主人公に彼女が出来ると羨ましがったり、嫉妬したり
しながらも、何だかんだ大事な場面では手助けしたりする。まあ
これは私の理想ですが、学生主人公に魅力的な同性の学友がいて
こそ、主人公やヒロイン達の魅力も増すのではないでしょうか?
そういったキャラクターがいなかった事が残念ですし、評価に反映
された結果がという事です。

Hシーン

桜子が 8 回。小唄が 6 回。秤が 7 回。初穂が 8 回。回想シーンに
収録されています。回数も多いですが、プレイもパイズリ、フェラ。
ア○ルに加えて、鏡を使った背後からの立ちバックとか顔面騎乗位に
睡眠フェラに放尿と色々とあります。コスチュームも、基本の制服に
加えて、浴衣に袴に体操服。チャイナドレスに巫女服にゴスロリ風。
そして狐と、バリエーションも豊富ですし、1 シーンで 2 回戦も
あり、Hシーンに関してはかなり頑張っています。私個人の好きな
Hシーンは小唄の回想の左から 5 つ目です。この 3 シーン目の
放尿シーンが特にいいですね。まあ、欲を言えば…(以後長くなる
上に下品になるので自主規制)ま、まあとりあえずHシーンでは
明確に前々作よりも量と質で上回っていると思います。

最後に一言

SMEE がどう変わっていくか。次回作が 1 つのターニングポイントに
なりそうですね。



 
このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。
 
 
 
 
Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.