タイトル名   メーカー、ブランド名   総プレイ時間   
      大図書館の羊飼い
 a good librarian like a good shepherd  
    AUGUST   20 時間前後  
                                   
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 B+ (23/30)     S (18/20)     B+ (15/20)     A+ (26/30)     A (82)       A   

総評

印象としては 手堅く作りながら新たなチャレンジもしてみた と言う感じです。
 
まず、一応個別ルートと呼べる物が 12 個あって、その内の 7 つは萌え要素を
 
意識して抑えるべきポイントを抑え手堅く作った物(以降、このレビューでは
 
大図書館ルートと表記)で残りの 5 つは、話の中の謎や伏線回収を意識して
 
作られた物(以降、このレビューでは羊飼いルートと表記)になっています。
 
萌えとシナリオ。この 2 つを 1 つにまとめて両立させずに 2 つに分けて描写
 
したんですが、これが成功しているかと言われたら、正直ビミョーな所ですね。
 
萌えの部分は、流石に手堅く作られていて不満は無いですが、シナリオの方は
 
もう少し捻った展開か、いい意味で予想を裏切るような展開が欲しかったと
 
言うのが正直な所ですね。

あらすじとプレイについて

簡単に書くと ちょっと普通の人とは違う感性を持っていると思ってる主人公が
 
ヒロインの 1 人である白崎つぐみと刺激的な出会いをした後、紆余曲折を経て
 
図書部(と言う名の何でも屋)をある意味、新しく作り、学園を楽しく過ごせる
 
場所にするために奔走すると言った感じですね。
 

総プレイ時間は 20 時間前後としていますが、個別ルートが一応 12 個あるので
 
一度見た会話を飛ばさずに全てを見るとなると、この倍以上の時間がかかると
 
思ってもらった方がいいです。この 20 時間と言う時間は、一度見た会話を
 
共通ルートを含めて全て飛ばした場合の時間と考えて下さい。共通ルートは
 
大図書館ルートは 4 時間前後ぐらいで個別ルートは、メインヒロインとも言える
 
つぐみ、玉藻、千利、佳奈、の 4 人は 2 時間前後で、サブヒロインの 3 人は
 
1 時間弱ぐらいですかね。羊飼いルートは、大図書館ルートの共通ルートの
 
後に大体 4 時間前後の共通ルートあって、個別ルートの方は 1 つだけ 1 時間
 
ぐらいかかる個別ルートがあって、他の個別ルートは 30 分もないぐらいなので
 
羊飼いルートは、実質的には 1 つのルートしか無いと考えた方が良いですね。
 
なお、羊飼いルートは大図書館ルートを一度クリアしないと入れません。
 
攻略順は、大図書館ルートは自由でいいです。羊飼いルートは、前に書いた
 
通り、実質的には 1 つのルートなんで、後にクリアするキャラほど 同じ展開を
 
何度も見る
事になりダレやすくなるため 好きなヒロインから 攻略する事を
 
オススメします。

シナリオ

共通ルートは、大図書館ルートでは、様々な図書部への依頼を、解決する内に
 
大きな 1 つの依頼を受けて、図書部のみんなでその依頼を成功させるために
 
頑張る話で、個別ルートでは、各ヒロインそれぞれの悩みを主人公と一緒に
 
解決していきながら主人公も少しずつ変わっていく話ですね。羊飼いルートでは
 
大図書館ルートの共通ルートの後に、図書部の仲間に降りかかるピンチを解決
 
するために奔走する中で、羊飼いの存在について詳しく知ったり主人公の過去の
 
話などに触れたりしていく話ですね。個別ルートでは選んだヒロインの力を
 
借りて図書部の仲間のピンチを解決していく…と言った感じですかね。
 

大図書館ルートの個別ルートは、あくまで主人公とヒロインの関係に絞って描写を
 
する事により、優れた恋愛描写が出来ていると思います。それぞれ各ヒロインの
 
特徴を良く捉え、これぞまさしく良質な萌えゲーだと言うような内容でしたね。
 
羊飼いルートの方は、羊飼いの存在や図書部の仲間のピンチなどを様々な問題が
 
ありますが基本的には主人公が主体となって問題を解決していきながら、本当に
 
大切な場面でヒロインの言葉に主人公が助けられるんですが、このシーンは
 
4 人のメインヒロインそれぞれの性格が出ていて良いシーンだと思います。
 
大図書館ルートも羊飼いルートも基本的には、図書部の仲間たちの明るく楽しい
 
雰囲気で会話もテンポよく進み楽しく進める事が出来ましたね。ただどうしても
 
大図書館ルートも羊飼いルートもシナリオに驚きと言うか インパクト が少ない
 
所は気になりましたね。特に、羊飼いルートは、もっと予想もつかない様な驚きの
 
展開にしても個人的には良かったような気はしますね。

グラフィック

これはもう本当に素晴らしかったです。グラフィックだけでなくスマイルなどの
 
演出も良かったと思います。背景などもかなり細かく書き込まれていましたね。
 
特に、つぐみの一枚絵の夕日に照らされた背景は本当に綺麗でしたね。私の
 
お気に入りの一枚絵はやっぱり髪を下してベットに座る玉藻の一枚絵ですね。
 
この一枚絵の夕日の差し込みの描写もとても綺麗ですがそれよりもこの玉藻の
 
可愛さは本当に凄まじいですね。

音楽

 ストレイトシープ と 夢飼い日和 と言う 2 つのオープニングがありますが
 
個人的には ストレイトシープ の方がこのゲームには合っていたと思います。
 
後、つぐみ、玉藻、千利 佳奈、凪、は各エンディング曲をそれぞれ声を当てた
 
声優さんが歌っているので結構豪華ですね。 5 人のエンディング曲の中なら
 
凪の みちて、ひいて が私は一番好きですかね。単純な歌の出来なら千利の
 
 夜空のステアーズ が一番だと思いますが。

キャラクター

一番好きなヒロインは真帆と玉藻のツートップですね。キャラクターなら真帆に
 
シナリオなら玉藻に軍配が上がりますが。玉藻は 真面目で真っ直ぐで気品が
 
あって黒髪ポニーテール
な所は、かなり私の好みなんですがそれ以上に
 
才色兼備な年上のお姉さん である真帆の方が私の心にグッときましたね。
 
何せこのお姉さん、普段は多少厳しい所はあるけど、仕事が出来る有能な人物
 
なのに、主人公の事になると必死に嫌われないようにする所が本当に可愛いの
 
なんのって。サブヒロインである事が 本当に惜しまれる キャラクターでしたね。
 
真帆以外のサブヒロインも可愛かったですし、サブキャラの高峰も以外な設定を
 
持っていましたが彼の見せ場は羊飼いルートの終盤ですね。彼のあの状況での
 
冷静な判断で彼の考えをヒロインに伝えたからこそ主人公は踏みとどまる事が
 
出来た訳ですしね。その事のお礼を伝えた主人公に対しての返事も多少の皮肉
 
混じりでしたけど主人公の事を本当に心配していたのが伝わって来ましたね。

Hシーン

おまけも含めて回想シーンにつぐみ、玉藻、千利 佳奈、が 4 回ずつで、凪は
 
3 回でサブヒロインの、真帆、水結、紗弓実に各 1 回とそれ以外に+α 1 つと
 
全体的に見れば回数はそれなりにありますね。プレイについてはパイズリや放尿に
 
フェラなどに加えて、巫女服や和服のアレンジに加えて、猫耳にウエイトレスと
 
衣装のプレイも豊富で良いですね。(裸エプロンがあったのは嬉しいです)

最後に一言

遊び心がありますね。全ルートクリアにAUGUSTのロゴをクリックって…


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。

 


Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.