タイトル名    メーカー、ブランド名    総プレイ時間  
あまつみそらに!       Clochette    20 時間前後  
                                     
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 B (22/30)     B (14/20)     B+(15/20)     B+ (23/30)     B (74)      B+     

総評

妖怪やら神様を登場させながら多少重い話もありますけど、それなりに上手く
 
まとまっていたと思います。総合点数はギリギリ良作には届いていませんが
 
大きな欠点は無く シナリオ、グラフィック、音楽、キャラクター の各項目は
 
全て及第点は超えていると思います。ただキャラクターにしろシナリオにしろ
 
突き抜けて優れている 部分が無いために、総合点数は、このような結果に
 
なってしまいましたが、まずまずの出来だと思います。

あらすじとプレイについて

簡単に書くとと 自然豊かな離島で幼少期から神様と一緒に育ってきた主人公が
 
島の外から新しくやって来た巫女に出会いその結果、連鎖的にヒロインの心を
 
動かし秘めた想いを揺さぶって行く。そして巡る想いの物語が始まる。(一部
 
公式サイトより抜粋) と言った感じですね。
 

総プレイ時間は 20 時間前後ぐらいで、共通ルートは 2 時間〜 2 時間半です。
 
個別ルートは 2 時間前後ぐらいです。攻略順は 話のまとまりや流れを考えると
 
 芹夏→千沙→美唯→深景→神奈 が良いと思います。

シナリオ

共通ルートでは、ヒロインの 1 人である深景との出会いから他のヒロイン達との
 
関係をメインに書いて神様や妖怪(作中では怪と言ってます)などの説明も少し
 
入れています。個別ルートでは、主人公とその恋人になったヒロインの間に程度の
 
違いはあれど神と妖怪が関わって行く話になっています。
 

話の流れとして個別ルートで神様や妖怪の話をするなら、もう少し共通ルートの
 
最初の段階で神様や妖怪の力についての説明を詳しくした方が良いと思います。
 
各ヒロインの個別ルートについては 神様や妖怪の話の比率 のバラつきが気に
 
なりましたね。特に私は芹夏の個別ルートでの神様や妖怪の話をかなり強引に
 
ねじ込んだ感じがして違和感がありましたね。それならもういっその事、神様や
 
妖怪の話を一切無くした方が違和感なく、話としてスッキリすると私は思います。
 
逆に、深景や神奈の個別ルートはまとまっていたと思いますが、こちらは神様や
 
妖怪の話がやや多めになっています。個人的には、千沙や美唯の個別ルートが
 
神様や妖怪の話の取り入れながらも、彼女たちの魅力も上手く引き出しながら
 
話をまとめられていたと私は思いましたね。(若干強引な所もありますけどね)
 
全体的に見て、もう少し上手く神様や妖怪の話をバランス良く取り入れた上で
 
神様や妖怪の説明不足を解消出来ればもう少し高い評価が出来たと思います。

グラフィック

まあ悪くはないと思いますが、若干、一枚絵の枚数(80枚)が少ない事に加えて
 
一枚絵が欲しかった場面がいくつもあった事や、立ち絵や演出などの全体的な
 
クオリティーを考えるとこれぐらいの評価が妥当な所かなと思います。

音楽

オープニングの ラピスラズリの恋 は明るい感じで好きです。またアレンジの
 
ラピスラズリの恋 offvocal のギターの部分の音もカッコ良くて好きですね。また
 
それ以外にも ‐怪‐ や 忍び寄る疑念 の様な緊張感のある曲も結構印象に
 
残っていますね。私のお気に入りは 想い、彼方 ですね。曲から伝わる儚さの
 
中にも落ち着いた感じがあって私は好きですね。

キャラクター

ヒロインについてなんですが、一番好きなヒロインは悩みましたね。選ぶなら
 
千沙か深景になるんですが、どちらにもそれぞれとても魅力的なんですよね。
 
千沙は 何だかんだ言っても幼なじみとしてまた友人としてちゃんと主人公の
 
事を考えている
所は好きですし、深景も お茶目な天然さんですけど慈愛の
 
心を持ち、自分の考えをしっかりと持っている
所も好きですし、どちらが好きと
 
言われると悩む所ですが、あえて言えば深景…になりますかね。本当に僅差
 
ですけどね。サブキャラについては 1 人お気に入りのキャラがいるんですが
 
彼女の名前を出すとネタバレになりかねないので、ここでは詳しくは書けない
 
ですが深景ルートなんかでは、それまでのイメージとは違う彼女が見られたり
 
したんでより好きになりましたね。

Hシーン

まず、最初にこれだけは言わせて下さい。
 

どうして深景のHシーンに○○プレイがないんだ!


ここだけは理解に苦しみます。せっかく登場させた上にあんな一枚絵を作って
 
おきながらね…(まあ一応、純愛もので○○プレイは流石に厳しかったんだと
 
思いますが。でも一枚絵まで用意しといてシーン無しってのはな…)さて、私の
 
愚痴はこれぐらいにして、…回想シーン数は、美唯のみ 8 回で他のヒロインは
 
4 回です。しかし美唯はオナニーのみで 4 回入っていますので実質的には他の
 
ヒロインと大差はありません。プレイはパイズリやアナルに加えてコスチュームが
 
各ヒロイン、テニスウェアに袴に巫女装束にアイドル衣装といろいろあります。

最後に一言

モデルとなったあの島に私も行ってみたいなぁ

このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。




Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.