タイトル名   メーカー、ブランド名   総プレイ時間   
穢翼のユースティア       AUGUST   25 時間前後  
                                   
 
シナリオ
  
 
グラフィック
  
 
音楽
  
 
キャラクター
  
 
総合点数
  
 
個人的評価
  
 A+ (26/30)     S (18/20)     A (16/20)     A+ (26/30)     A+ (86)       A   


総評

この作品のプレイが終わった後、これほど 総合力 が高い作品は中々ないと
 
思いましたね。プレイし始めると自然に物語に引き込まれていきました。シナリオも
 
かなり高く評価していますがグラフィック、音楽、キャラクター、更にシステムに
 
至るまでレベルが高く、名作と呼んでも問題の無い作品だと思います。もし欠点を
 
上げるとすれば、ティアの個別ルートの評価が賛否が分かれている所ですかね。
 
この辺りはシナリオで詳しく書きますが私としては主人公の 人間らしさ が出ていて
 
良かったと思っているんですけどね。

あらすじとプレイについて

簡単に書くと 3つのエリアに分かれた浮遊都市の最下層(通称牢獄)で力を持つ
 
組織の何でも屋をやっている主人公が仕事でとある訳ありの少女と出会い、そこから
 
様々な問題に巻き込まれながらも様々な人と協力して少しずつこの世界の真実を
 
知って行く…と言った所ですかね。
 

総プレイ時間は25 時間前後で基本的には一本道でそれぞれ各ヒロインがメインの
 
章がありそちらで各ヒロインを選ぶとそのヒロインの個別ルートに入る形になります。
 
各個別ルートはおよそ1時間〜2時間と言った所です。全体の流れとしては順番に
 
フィオネ→エリス→聖女イレーヌ→リシア→ティア で各ヒロインの章となります。
 
また、各ヒロイン攻略後にそれぞれおまけがいくつか解放されます。攻略順に
 
ついては フィオネ→エリス→聖女イレーヌ→リシア→ティア の順で良いと
 
思います。おまけについては各ヒロインの物は解放されたら見ると言う形で
 
それ以外の物は好きなタイミングで見れば良いと思います。


シナリオ

本作は基本的に一本道で話が進み少しずつ世界の謎や秘密が明かされていきます。
 
個別ルートは、一部を除いてそれぞれ各ヒロインと結ばれた後の話をメインに主人公と
 
ヒロインが力を合わせて世界で生きる姿を描いています。
 

物語の後半になるほど世界の秘密や真実に近づいていくのでどうしても、最初の方で
 
メインの章になるヒロインは シナリオ の完成度と言う点では高い評価はできませんね。
 
ただ世界の秘密や真実を知らないからこそ平和に暮らす…そう言う考え方も出来ると
 
思います。 無知ゆえの無為は許されると思う。だが知った上での無為は罪だ これは
 
この作品のとあるキャラの発言です。世界の秘密や真実を知らない主人公とヒロインが
 
平和に暮らす…これは許されると言っていますね。逆にティアの個別ルートでの世界の
 
秘密や真実を知りながら中々行動出来なかった主人公は罪と言う事ですね。ただ人間は
 
そこまで完璧な生物ではないですからね。何でもかんでも損得だけで動いている訳では
 
なくそこに感情があるから思い悩んだりする訳ですよ。ティアの個別ルート以外での
 
主人公はまるで機械のように最善の選択 だけ をしてきて始めてティアの個別ルートで
 
自分の感情と向き合ったからこそ中々行動出来なかったと私は思っています。(そうは
 
言ってもウジウジし過ぎとかへタレたとか言う気持ちも分からなくはないですけどね)
 
この辺りの賛否はどちらかと言えばプレイする人の 主人公に求める物 の違いのような
 
気がしますね。個人的には初めて人間らしさを見せた良いシーンだと思いますが。

グラフィック

本当に素晴らしかったですね。ヒロインを可愛く描写しているだけでなく、背景の
 
描写も とても綺麗です。また一枚絵からもファンタジーの世界観が良く伝わって
 
来ます。私のお気に入りの一枚絵は、夕日を背景に少し微笑んでいるフィオネの
 
一枚絵と崩れゆく建物を背景に、少し悲しそうに微笑んでいる様に見えるティアの
 
一枚絵ですね。どちらもそのヒロインの心情を現した良い一枚絵ですね。

音楽

オープニングの Asphodelus-アスフォデルス- は映像込みで見ると圧巻ですね。
 
また歌詞も良く作品に合っていたと思います。また Ascension と LaRosa は
 
良い場面で流れていただけに印象に残っていますね。特にティアの個別ルートで
 
最後に Ascension が流れたシーンは曲の相乗効果もあって感動したのでより強く
 
印象に残っていますね。

キャラクター

一番好きなヒロインについてはぶっちぎりでフィオネですね。これが個別ルートに
 
入ってからの可愛さは本当にヤバかったですね。 生真面目な優等生タイプが恋を
 
したらこうなる
と言うのをキチンと表現出来ていたと思います。いや本当に 一途な
 
女の子って感じで
本当に可愛かったですね。そんな彼女がおまけでは、より可愛く
 
描写されているんで、本当に素晴らしいですね。サブキャラも魅力的な人物が多く
 
私は特に、ジーク、メルト、システィナ、ヴァリアス、辺りが好きですね。その中でも
 
一番好きなのはシスティナですね。ルキウスの副官として彼に尽くしている彼女が
 
見せる 少女のような反応 も魅力の1つですが最大の魅力は一言でまとめるなら
 
様々な形の愛 ですね。主人公についての評価は、賛否が分かれそうですね。
 
ティアの個別ルートでの葛藤をどう考えるかで評価が変わるでしょうね。また、その
 
葛藤の長さなども人によってはウジウジし過ぎていると思う人もいるでしょうね。

Hシーン

おまけも含めて回想シーンにフィオネ、エリス、リシア、ティアが4回ずつとなっていて
 
聖女イレーヌが2回+αとラヴィリアが1回+αに加えて娼館の3人娘にも各1回と
 
回数はそれなりにありますね。プレイについては放尿にパイズリにフェラなどに
 
加えて様々な衣装でのプレイもあるため純愛ゲーとしては割と濃いめですね。個人的
 
にはエリスのHシーンの1つに眼鏡のオンオフ機能を付けた事は評価したいですね。

最後に一言

圧巻の総合力の高さ。私が自信を持って勧められる作品の 1 つですね。


このレビューに関することはこちらのweb拍手からどうぞ。

 


Copyright © 2016 心と幻をこえて All rights reserved.